虎屋の羊羹

最近の自分で周囲の影響を受け、わずかながらも進化したこと。といいますと、他人様の家に伺う時は大体ですが手土産を持って伺うことに気を付けるようになった。

これは いい習慣をつけてもらえたなぁ。と、時々ぼ~~~っと 手土産の内容を考えあぐねてみると。

 

ある程度のお年で、健康志向の方には 厳選された高級塩(自分では決して買わないようなの)

オリーブオイル 等。

元気な子供さんのいる家庭には 若々しいお菓子。(和菓子でないの)

南アフリカのワインが好きという言葉 言っていたかなぁと 思って南アフリカのワインを用意したり。

あとは 華やかな美人には その人のイメージの花束。くらいが 自分の持っているカードだ。

そういえば 何かあると 美味しいチョコレートを(どこでみつけたの?)というような厳選されたものを小さな箱で必ず持ってきてくれる友人がいる。 彼女を思う時は チョコレートにワインに そして 花束。そんな 洒脱なイメージが彼女だ。

自分の親世代が 何かあると お遣い物には虎屋の羊羹 虎屋の羊羹と 騒ぎ立てる その虎屋の羊羹は 今時 どんな際に出番があるのだろうか・・・・ と、人様にものを差し上げることを、おぼえはじめた私は、時々そんなことをずっと考えていた。 そんな折に ジャストタイミングで 昨日 こんな発言をし 私を笑わせてくださった人がいた。

「あっちゃん いい? お遣い物は 仰々しくなく。が鉄則ながらも、それでもよ 心から お詫びを入れなければならない相手。そんな時には 何を持っていけばいいかわかる?」

「え・・・ 興味あります。な、なんですか?」

「・・それはね。・・あっちゃん。羊羹よ」

「・・・ブっ」と はじけたように 何故か私は笑ってしまった。 その人の言う間がおかしいのと。また 羊羹など 絶対求めたことのないようなタイプの人なのだ。

「へぇええ! そうなんですか 羊羹って そういう時に出番があったんですね」と ひとしきり感心する私に

「いい? それもね 虎屋の羊羹よ 虎屋の。 しかも 木箱入りよ!」

「おおお なんか 分からないけど 勉強になります。 木箱入りの虎屋の羊羹ですね。 一生忘れないようなアドバイスです。 ありがとうございます!」と 虎屋の羊羹のお遣い物の出番について、自分には無用なのかもしれないとまで考えていた私にとってすっごく Good Timingな 話だったのでえらく感銘を受けるお言葉だった。

木箱入りの虎屋の羊羹を持ち 私が参上した際には 心からの謝罪と みなしてください。

きっと そのアドバイスに真摯に向き合い 参考にし 実行する日が 長い人生の中であるはずです。いえ これまでにもありました。 その時に この アドバイスを知っていたとしても 事が好転したとは思い難いながらも 何か 違ったのではないか・・・と 思ったりしてます。