Inheriting family antiques

 断捨離イズムが、あちこちで行われている いま。 また 世代的に モノを増やさない心構えを持ち始めなければいけない歳だというのに。

 私達夫婦のところに この2年間 ドッ! とものが流れてきた。
いらない いらない! と 抗っても 抗っても 父が亡くなり、一人になった母が札幌にやってくるにあたり、実家の仕分け 処理を手伝うのは 兄弟の中で 自分しかいなく
いくら いただけるものは 紙の軽いもの(¥)だけで けっこー。 と宣言してみせたところで。 「これは 大切にしてきたものだから オマエがもっていって」と 言われると 弱く 引き取っているうちに まず そこで ひとかたまり。

 更に 先日の月曜日 カナダのトンプソンの実家から 荷物が押し寄せた。
トンプソンの母も 私の父と同じ 2年前の8月に亡くなった。 して、トンプソンの父親は家を売り ケアつきハウスへ移り住んだ。

 その際に 大体の家がそうなように 多くのものを整理しなければならなく 

 私はいらない。 頼むから 頼むから カナダのものはカナダでなんとか始末して。お姉さんもいることだし。
と 何度も話し合ったが
トンプソンは お母さんの思い出のあるものを 傍においておきたい。と 頑として譲らず・・・ 

 高い運送料を かけて トンプソン家のアンティークたちがやってきた。

 今年いっぱい荷解きと整理に追われると 覚悟しながら

 昨夜 家に帰ってみて ソファで 一息ついて 辺りを見まわしてみると 第一段階、紐解いたもの中のものが まわりにあった。
なんだか 周囲が トンプソンのお母さん色に染まっていた。

 私なら 使わないような ピンクのリネン・・・ 洗うのが面倒だし 手入れも大変なものを なぜ 所有し 使わなければならないのか・・・ 正直 理解できなかった自分がいた。

 が・・・ こやって 眺めてみると いいもんだなぁ と思った。
お義母さんの 優しげなコレクションたち・・・・ 銀の食器なんて いま時代 使う人なんかいないよ・・・ ましてや 私達の暮らしぶりに そんなものがあったって 埃集めるだけなのに・・・ と 思っていたけれど、ある以上は やってきてしまった以上は使うしか ないじゃないか。と 思った。

 私の生活に リネンと銀という 負担が介入してきた。 しかし 持った以上は きれいに 活かしきって 次の世代に 渡してゆくしかない。

 時代がミニマリズム 断捨離に 向かっているというのに なぜ 自分は いま これらのものを 受け取るのだろうか 

 もしかすると
 私には 子供がいない けれど これを しっかりと 手入れよく 活かしきって 次の世代 トンプソン家の誰かに バトンタッチして 渡したとする・・・
その時に 時代は 2050年位の どこかの時間で 「これはね 日本にわたって 英語学校を開いていた 日本人と結婚した あの おじさんがね くださったのよ。 そうそう あの日本人のおばさんが 送ってくれたのよね」 と 私のちょっとした役割もそこにあるかもしれない。

 古いもの と 言えば それまでかもしれない が 200年前の ピアノの椅子 細工の美しいワゴン  銀食器に刻まれた1900年という数字 
 
 昨夜は お義母さんのエレガントな世界というものに 身を置くことで 代々受け継がれる物の意味なるものを 考えてみた。

 

 


  

ウッドブラインドを探している方へNews

新品同様の スタイリッシュな ウッドブラインド サイズさえ合えば とても お買い得です。

写真のイメージのもの

① サイズ w1070(幅)H1430 (長さ)小売価格56.200円のものを 25.000円

 

② サイズ w1170(幅)H1310(長さ)小売価格53.000円のものを

20.000円

関心のある方は

011-643-0302 または ibc@sapporo.email.ne.jp まで お問い合わせください。

グレードが高い品物のようで 様になります。

サイズさえ合えば お部屋をかっこ良く仕立ててくれますよ。

私たちは 理由があり 78歳の母の部屋に5日ほど取り付けた後に、違うものにしたのです。なぜかと 申しますと、 母には スタイリッシュすぎた(苦笑)

秋休み終わりました。

9月の最後の週 今年は思い切って お休みをいただきました。

年間48週を開けるように これまで やってまいりましたが

他校さんに 派遣レッスンの仕事をさせていただくうちに

年間 大体41から43週のオープンで 行われているところが多いのだなぁということがわかってまいり、 今年は 思い切って46週で挑んでみました。 が、^m^ 結局は 忙しくてレッスンをとりづらい個人レッスンの方や 地震で行えなかった分などを 調整しながら 一日 数時間、開けるといった具合で ボチボチとやっておりました。

しかし その中でも  気持ちにゆとりが生まれるせいか したかったことも 出来たり 彼岸のお墓参りにも行けたり お友達と ゆっくりとした時間を持てたり すごく 充実した時間を持つことができました。

夏のお盆休みは トンプソンも 私も 家族 親戚などの行事がまだ重なるときで 忙しなく 終わってしまうのですが

秋の この 時間の静まりに 閑をいただけることは 幸せでした。 ありがとうございました。

また 雪の降り始める 北海道を楽しめるように 皆様も 気力体力 十分 整えられることができますように 応援しております。

 

逸見さん 阿部さんより 作っていただいた ステンドグラス ライトも 自分たちで 配線工事をして つけることもできました。

本当は 電気の配線は プロの頼まなければならないので いけないのですが 自分の家だから いいよね! と 秋のある日に 天井に穴を開けて 天井裏にコードを通すのが 一番 大変だった。

 

あとは 秋の夜長 少し 贅沢な空間で 楽しいひとときを持つこともできました。

見渡してみると

先日 自分に合った方法でしか ものごとはうまく運ばないのではないか? といった内容のことを述べさせていただきました。

部屋ひとつとっても  いや 部屋に一番 個性が映しだされるのかなぁと思ったりする。

スタイリッシュな部屋や、ものを外に一切置かない状態を好む人からみたときに

わたしが落ち着く部屋は ピエロの住む部屋のように滑稽なのかもしれない。

部屋を見渡しながら また もう一つ気づいたことがある。

自分の暮らす部屋は いただいたもの 気が付くと自分の手元に来ていたモノたちが 70%以上を占めている。

気が付くと 集まってきたランプたち。 気が付くと 実家やトンプソンの家からやってきた家具。 手作りの棚やサイドテーブルはいつのまにか手元に残った。 あるときは もうちょっと かっこいい北欧スタイルとかいいのになぁと憧れたりもしたが わたしには自分の主張を押し通すほどの 確固たる好みというものが実はないのだ・・・ということに気づく。

自分の周りにやってきてくれた 人やモノを大切にする生き方のほうが 自分には合ってるのかもしれない・・・と 物を眺める時がある。

自分に適した方法

お子さんたちの 試験の準備をみるにあたって もしや これは・・・と感じていることがある。

試験に合格するにあたって そりゃ 出来る出来ないということが大きく勝敗を分けるのだろうけれど。

それぞれの個性が 自分の勉強の仕方を分かって それにのっとりリズムをつくって 乗り越えてゆくかってことなのかなぁ と思ったりする。

例えば じっくり型のB君が ピカピカ電光のようなA君の真似をして挑んでも うまくいくわけがない。 じっくりB君は じっくりとしたペースで トランプのカードが次々と開かれていくような展開がくる波をじっと待つ・・・ そして 結果を出す。

ふんふんあれねこれね と 空気を泳ぐように 分かったつもりになりがちな Cちゃんは それはそれの良さがあるのだから なんども泳ぐように反復したら 点数につながる。

その個性が悪いわけではなく 自分の勉強の仕方 リズムを掴まないことが もったいのないことだったのだ・・・ と この年になってそうか そうだったのかと分かることが出来た。

考えてみたら 何に関してもそうだ。

人と交渉をしてゆくときにだって 自分のスタイル 自分に合った方法がある。 誰かのモノマネをしたところで それは 相手の心に響くわけがない。 交渉 交渉と 言ったところで 相手が人間である以上、まずは第一に自分という人間に合った方法スタイルで、相手と向き合い決着点にむけて話し合ってゆく。この面倒なことへの対処の仕方というのも 自分スタイルを 早いうちに見出すことも必要なのだと心から思う。

片付けの仕方、料理の仕方 なんの仕方も 自分に合う方法を見出そうというように進歩していくことって可能なのかな・・と 競争社会に身をおいたことのない自分はそんな流暢なことを考えている。

そんな流暢な戯れ言をいうと 飲み友達の おじさん達に 「普通の社会はね あつこさん 競争ってものがあるんですよ」とちくりと諭される。

私の台所

私の台所 と 沢村貞子さんの名作のタイトルのようですが

私は この台所 とても気に入っているのです。

中古で買った家だから 20年ほどの古さです。

なぜに HPで 自慢したいほど気に入っているか・・・というと

5年の間 ほぼ毎日のように立って 料理し続けた唯一の台所だから

愛着も湧いてきます。

それまでは 何かと理由をつけて 外をフラフラすることの多かった自分が ひっそりと身を隠すように この台所でなんつーか・・・心と向き合うことの出来た場所だったからでしょうか。

台が必要なところに 手作り台を自分たちでつけたり 七輪で焼き物したり、夏は蚊取り線香を外に置いたりと

この台所と出会えてよかったと思います。

きっと これからも 大切にして 傷んだ場所や 改善したいところを修理しながら できるだけ 毎日 毎日 ここに立ち続けたいなぁと

私の台所 と呼べる場所を初めて持てたそんな場所です。

Previous life

 日曜日、台所のカウンターにある紙にその日のやることを書いておく。

 1:sharpening knives.
2: gardening
3: laundry
4: clean the rooms with the wet cloth
5: making the banana cake.

と、5つほど。 包丁研いで、庭して、洗濯して、部屋を水拭きして、バナナケーキを作る。

 かなりな Domestic life で 疲れた体を 夕方 神宮近くにある銭湯で労ろうかと、車で銭湯へGo.

 銭湯でお隣の年配の人に話しかけられて 話をしていると。 その人が ところで お仕事は夜のお仕事? と、私に聞いてくる。 へ? と 驚いたが ここは ジョークで「いえ 一応 昼の商売しています」と返したら、焦りながら「奥さん、和服着て何かお仕事をしているイメージがあって あら、ごめんなさい!」と謝っていられた。

 その奥さんは、失礼なことを言ったと申し訳無さそうにしていたけれど、自分でも 前世は そういう仕事していたんじゃないかなぁ・・・と、思うことが、時にある。

 例えば、出雲大社の近くに泊まって、夜の川辺をトンプソンと歩いていた。 あの近くの夜は電灯も少なく、川の光と夜の闇が 江戸時代くらいの時のままなのではないか?と、思うような場所があり、その辺りで、懐かしい感じがしたのだ。 自分の前世は水のほとりにいた あまり 売れない芸者か何かであったような気が、そのとき、ふと、した。

 前世の 行いのよい人は、当世で あまり 苦しまずに済むという。

 その 真意はどのほどかは 分からないけれど。 この人は 守られているなぁ
 よほど 前世からの徳を持って生まれてきた人なのだろうな。と、いうような人は 確かにいる。

 そして 前世で得意だったことや、経験のあることは やりやすいし 飲み込みも早いし、得意な分野に繋がるというように思えてならない。

 そういったことで、私は 水商売というか 夜の仕事の何かをしたら 上手くいくだろうな。と、ある時、真剣に その道に進もうかな?と、靴の仕事で挫折した時に考えたことがあった。

 それを真面目に家族に相談をしたら、一喝で終わった。
 
 まぁ それも そうだろう・・・と、それは諦めて、それ以来は性に合わない事務の仕事などをしていた数年を経て、いまになった。

 もしも 前世の私がみたら、 外来語を使って 家のことをして お日様のほうをみて 生活している姿を どう 思うのだろうか? と、思うことが時々ある。 

 水のほとりで 三味線ひきながら ちょっと 不幸グセのあるような人だったんじゃないかな と思う。 そんな前世が 自分にラップしてきそうになるときは 一日のリストを作る。 包丁研ぐ。 バナナケーキを作る。 通訳のクラスに集中する。 生徒様に会える。 来週の日曜日に お客さんが来るから お昼の 粗飯を用意しよう。そのための準備を本日辺りから始める。 リストを書いて 前に 前に 進んでゆく。 そして 前世の自分を明るく 笑わせよう。と 眺める。

 IMG_0251