真似したいこと

冬になり、多くの人が行き交う街の大型書店で気の付いたことがあった。

BO Body Odor いわゆる 体臭というの? 衣服についてしまいとれなくなるようなレベルの、言ってしまうと不愉快な匂い。

あれは 夏ではなく 冬の時期に気を配り、エチケットとし注意を図らねばならないものだったのか。と。

そうか。 冬のコートは毎日洗濯できるものではない。意外と汗をかく。ましてや子供などは外遊びで汗をかいたものを冬の間中、洗いもせずに着てしまうケースがある。防寒用の服を洗いもせず、風も通さずいる結果の匂いがそうか これなのか これなんだ。と 真冬の札幌市のと、ある大型書店で気づく自分の鼻は、東京に行ったばかりの19の夏、満員電車でのそれと同じものだった。

嗅覚の悪い自分がそういうのに気づくことは滅多にないのだが これは 自分自身気をつけねばならないなぁ・・・と 自分のや同居人の防寒ジャケットも、裏返しにして風にあてたり 洗うことは出来なくても 裏側をデリケート衣類洗剤を薄めたもので拭いたりと。やっているうちに

これって 家だけではなく どこかで コートをかけるときも 同じように裏返しにしてかけてもいいのではないか? と 思っていた矢先。

Thompson Internationalに札幌で有名な建築家の方がおみえになっている。

もちろんお仕事柄お洒落な方ではあります。そのうえに その方はいつも自然に自分のコートをスクールにある一畳ほどのクローゼットにかける。 そのコートに昨日何気なく目をやると なんと!仕立ての良いコートを裏返しにかけてあった。

おおお! これでいいのだ。 冬はこれでいこう。と確信しました。

昔 お茶の先生に、よくたしなめられたことを思い出した。 まず風呂敷をもっておいでなさい。

その風呂敷に自分の身の回りの物を包んでから それから ご挨拶です。と。

そーだ そんな教えもあったよなぁ・・・と、身についているのか身についていないのか あやしいもんだと反省しながらも。

気の利いたレストランに入ったときは まず コートを脱ぐ、または脱がせてもらう。そして お店の方に 必ず 預ける。 どこかへ行った際も コートをかけるところがないか。 それをみれるようになれたのは、あの教えのおかげであるの、かもしれない。

あの方は男性だというのに、この作法に加えて、コートをさらりと裏返しにしていることに いやぁ さすが 一流といわれる方なんだなぁ・・・と 昨日は改めて感心してしまった。

コートを裏返しにする。ということは 上記の問題も緩和できる・・・かもしれないし。それに 隣の人のコートが当たっても 自分のコートの表生地を傷めない。という 昔の知恵もあるのかもしれないな・・・。と考えさせられた。

お味噌汁

この味噌汁というものの美味しさに目覚めた今日この頃。

味噌汁に一魂込める。という具合に作ることに結構力をいれている。

出汁は、いりこ 煮干しが相応しいということで、朝出かけるときに、はらわたをとった煮干しの頭と身を200㎖に8匹くらいを目安に冷蔵庫において、それを夜に煮出して お味噌汁の実によってはその段階で少し火を通すものがあるけれど、昨日の夜は薄揚げと茗荷、そしてねぎの実にした。

揚げは、熱湯に一度通して一呼吸でとり、その端のほうをレーザーシン(細く)に包丁をいれて、二枚にはがす。わたしはそれを長さ5センチくらいにして、ほそくほそく刻む。薄上げがふんわりこんもり刻まれるイメージ。

それの細さと同じくらいに茗荷も刻み、ねぎは細かい小口切りにした。

出汁にお味噌をいれて煮立ちそうなあたりで 薄揚げから入れて もうちょい煮立ちそうなところで 茗荷とねぎをいれる。

味噌汁を塩分の塊としかみなさなく、拒否反応を示し続けたカナダ人の夫も最近は味噌汁を完食する。といったところに加えて昨夜は、美味しいねこれ。と呟いた。

このカナダ人の夫が、自分の調理に対する優劣の度合いを知らせる実験台であり反応が面白い。

材料が質素なものであっても、心をこめて集中して作ったものには面白いくらい反応を示す。

かつて一番驚いたケースは 大根の葉を、からからに素揚げして それにパラリっと塩をふったもの。それが今夜の食事の中で一番、うまい。と言ったことだった。

バター チーズ 動物性たんぱく質の中で 育ってきたDNAにも、日本の簡素ではあるけれども理に敵い、そこにうまくなれよ~~~と思い調理する食事には訴えかけるものがあるのだ。と、感動をした一瞬だった。その時からかもしれない、自分の料理の方向が少し変わったのは。

変わって良かったことは、食材を無駄にしなくなったことだと思う。

手元にある食材で、どうやったらおいしく仕上がるか。という目が強まった瞬間だったと思う。

 

食べるということ

私世代の人(昭和40年代初めころ生まれ)は、金ぴか先生という人を知っている人もいるのではないか?

進学塾の人気講師がやくざの様な出で立ちで、刀を片手に塾生に教えるというパフォーマンスで一躍有名になった人だ。

金ぴか先生というニックネームの通りに、私生活も金ぴかのイメージを打ち出してメディアで騒がれていた。

何台もの高級車。どこで買うの?というような成金の人にしか理解できないワードローブ。でもその先生の教える授業((英語であったらしい)は 生徒の人気を呼び、一コマ数百万円からの対価が生じたという。

そんな人が、数年前に生活保護を受給し、最後は栄養摂取不足のような状態で亡くなった。となにかで聞いた。

時代の流れとともに家計が破綻しても高級車を買いたい幼稚な駄々っ子のような行為に奥さんに愛想を尽かされ

ひとりになってからの晩年は、お酒とたばこの覚醒で体の痛みを忘れるように暮らし。食べることもせず そうやって体を蝕んでいかれたというようにきいている。

しかし・・・食べなければだめなのに。 この 食べるという大切な行為を最後までしっかりと出来る人がどれだけいるのだろうか。と、家族の顔ぶれをみても、男衆は落第点もらうに違いなく。高齢になり一人暮らしをする実母でさえも、ちょっと油断すると 白米に明太子だけというような夕食をとっている姿にあれやこれやと勧告を与える。

時には作ったものを差し入れするにしても、料理は最後までがんばって自分でしたほうが自分のためになると甘やかさないようにしている)

しかし、 金ぴか先生が痛みを忘れたいためにお酒を飲む・・・という その気持ちは分かる。分かってしまうのも危ういけれど、お酒との付き合いも30年以上になってしまうと どこかでお酒に対して快楽よりも痛み止めのような苦痛を和らげる役割を求めてしまっている・・・そんなモルヒネのような役割をお酒は自分に果たしてしまっているために、摂取量と 一緒にとる食事のバランスには、結構注意をしている方だと思う。

食材の求め方、食事の作り方、くりまわしかた。 基本的なものでいいから ご飯を炊いて 野菜を使ってタンパク質とあわせて副食をつくり、酵素の豊富な味噌でみそ汁を作れるくらいのことを 男の子にも教えなければならない、そんな時代だと思う。

塾で勉強を教えることは得意だった金ぴか先生も、そこのところを教えてくれる人は誰もいなかったのだろう。

自分でものを作り食べれる力を持たないと、生きていくことは難しくなる。外食だけだと年齢を重ねたときに立ち行かなくなる。オイシックスでもなんでもいいから、自助努力をすれ。と、夫より先に逝かなければならなく、また後添えの希望のなさそうな場合には「食べる努力しなさいよ」と遺言を残すかもしれません。

この写真は 我が家の台所に掲げているスローガンで thinking of you  これは相手だけではなく自分のことも考えて・・・と食事作りだけは コツコツと続けてます。はい。

 

アレルギー体質

 

このアレルギー体質って なにが原因でなってしまうの? と 不思議で仕方がない。

漆の葉にかぶれたり、太陽にあたりすぎて顔がはれたりすることは 幼少のころからあったにしても。普段の生活で注意に注意を重ねた挙句にブァッ!と 突然 発症するこの憎たらしさ。

空気に触れても 耳の付け根がパカリと割れてきたり 手なんか 手袋はいて水に触れるとか工夫したって ちょっと油断すると 皮膚がごわつきはじめ ひび割れてくる。

いったい どうすれというの? と 涙が出てきそうになるが、泣いていたって治るわけでもない。

もう これからは 体調がよいとか、自然のものを手に触れるように心がけるとか そんなことだけではいかん。

と、今年から 皮膚科で処方される アレグラも毎日とることに。

それと 石鹸は これは 自分がいいと思い 何度もリピートしている石鹸。

いまの時代にネット販売も行われていなく、電話予約で取り寄せのみ。という 東京の自宅兼町工場のようなところで作られている代物。年末に10個単位で注文の電話を入れると、奥様がお出になる。

いつも葛藤することは、声からして年配のご様子。万が一 万が一にも旦那さんになにかあったらこの石鹸が手に入らなくなる。 どうしよう 今年は思い切って100個を頼むべきか?と一瞬思う。が、1個1000円の100個となると100.000円という金額をまえに・・・ 「また来年もよろしくお願いいたします。どうかよいお年をお迎えください」 と 来年もどうかお元気でと心より願う相手が この石鹸屋さん。 わたしのその心からのメッセージに 奥様はほがらかに「そちらさまも」と 東京の山の手言葉で電話を切る。

もう この石鹸でお皿も洗ってしまおうかしら? と思うくらい 頼りにしている。

そのせいあってか あれだけ酷かった手の水膨れ ひび割れ 湿疹が 悪化せずに ここ数年、荒くれた姿を現さない。

あと、下着。 もう これは いろいろ試したけれど、いまのところHanro ハンロというところの商品が自分にはぴったりはまった。

色々試した。 Bocyhintsのガーゼ素材 シルク素材 綿とシルク素材の混合 などなど、素材自体はすぐれものとしても ものによっては、例えば 下のパンツの 股上のラインのなにかが 自分に合わないなど・・・ ある人には適合しても、ちょっとしたラインが合わないと そこに反応してしまうような そんな人間ではなかったはずなのに いつの頃からか 肌が敏感に反応してしまうようになり 本当に苦労している。

いまの この独特な 時期を過ぎれば 穏やかな60代を迎えられるのであろうか・・・という 密かな いや 大きな期待を持ちながら それまで なんとか 時間の質をよくしたい一心で、石鹸だの身につけるものの素材など 贅沢なことをいっているなぁと思いながらも 選んでいる。 まぁ はっきりといえることは これまで若い時は あまり気づくことのなかった 化学繊維の入った身に着けるものや 化学物質の入った洗浄液 そういったものに対し、もう敵わないからやめてくれ~~~!と、50年間持ちこたえてきた体が言い始めたのだろうか。

20代の私がいまの私をみたらきっと、自然志向、健康オタクな人ほど健康じゃないのよねぇ・・・と鼻で笑っているんだろーな。

過去の自分になんと笑われても、あの想像するのもぞっとする肌の痛みから解放されるためなら、痛くも痒くもなく、今日も御身大事に、災害時の袋にもこの石鹸ひとつ携え安心している始末です。

 

Updating routine days.

よく 同居人に、君は Champagne taste, beer budget の典型だねぇ と笑われます。

身の程知らず・・・ ってところでしょうか。

ジェット機に乗って プライベートアイランドへ とは 望まなくとも

こんな感じって どんなものなのだろーか? という思いで

宮の森の豪邸ストリートにある お気に入りのお宅を 遠くから眺めている 怪しい人であったりもします。

そのお宅が好きで、以前はよく 外観を眺めてはため息をつき そして 悲しいことや落ち込むことがあるとそのお宅の前に なぜか 座れるような場所があるので そこに座り コーヒーを飲みながら ボンヤリしたり。

とにかく それくらい そのお宅の持つ 雰囲気とか アプローチが好きであったのだと思います。

きっと それを眼に焼き付けておいて 青写真にしようと思っていたのでしょうか。

人生は 青写真を持たねばならぬ と 私は ある時から信じるようになっていたのだと思います。

先日 そのお宅の前を 数年ぶりに通りました。

すっかりと荒れ果てて・・・ いまは 誰も住んでいない様子です。

数年前 そのお宅が 数億円で売りに出ていたのは知っていたので・・・きっと 今頃 次の住人が 愛でるように暮らしているのだとばかり想像をしていた私は、ショックでした。

もったいない・・・ と心から思いました。

それくらい、趣味のよいお宅だなぁと感心していたので

今度は 私にもしも お金があったらこの家を救いたい。という 気持ちで そこのお宅の前に佇んでおりました。

でも それは敵うわけもなく。

ただただ 家をみてかわいそうに・・・と思うばかりでした。

つつましい造りの我が家に帰り、できる限りのことは ここにしてあげよう。という視線が久しぶりに宿っていました。

庭のテーブルとして購入したはよいけれど、結局 蚊が多くて 外で過ごすのは無理だとなり 行き場を失ったガーデンテーブルを台所へ移して、食事時の 盛り付け待機のお皿たちのために使おうと決めました。

そして バラたちも 嬉しそうにしているのを 眺める 台所からのこの景色も 自分は とても好きなことを発見しました。

小さな幸せ・・・って やつですか。

この小さな幸せってものを感じるためには どこかで 思い切ったことをしてみる必要もあるってことを知りながら

それがどんな様子をしているのかわからずにもおります。

結局 私は 私のレベルで幸せになるしか方法がなく。他のどんな世界も知りません。

が、ひとつだけ 確かなことは 自分の身のまわりのことを、物でも 人でも 大切にすること そして 自分が幸せに思えることを 一つでも 多く持てること それが 小さな幸せなのかな・・・と 思ったりします。

あの 空き家になった おうちも いい人と出会えますように。

そして また 豊かな時間を持って 辺りに 幸せを 与えられますように。

あのおうちには その 役割があるように 私には 思えて仕方ないのです。

 

 

 

Button and Rose

バラの季節になりました。 家のバラたちも少しずつ咲き始めてます。

5年目についに病気がついてしまったバラ木2本の枝を、ばさりっと下から剪定し、どうかな・・と思ったけれど 元気にシュートを持ち始めぐんぐんと生き返り始め、他の元気なバラたちに追いつこうとしています。きっと来年にはまた元気な花をつけることでしょう。

バラは西洋の花であるのだなと思うのはそんな様を見るとき。

華やかで、主張がはっきりとしていて、そしてちょっと弱いくせに逞しい。

そんな大好きなバラではあるけれど庭がバラの花だけだったら、きっとうるさく感じるのだろうな・・・と最近 和の楚々とした花にも目がゆくようにもなり、少しずつ少しずつ静かな空気を保てるものも増やしてみようと思っております。

と、話は変わりながら

ある時から 衣服を整理し、これからは自分がこれと思ったものを集めてゆこうと決心をしたのです。

その時の記念にエイッという気持ちであるフランスブランドのシャツブラウスを求めました。

エイッ!としたのは それほど 慎重にワードローブを企てて服を揃えてゆきたく思ったから。

着ながら育ててゆける洋服って どういうものだろうか・・・と 恐る恐る始めてみた中で

その一枚に関して、5年経ち、感想をもったことは

シャツでもブラウスでも一番上のボタンは、留める穴(ボタンをいれる切れ目のこと)が必ず、大体は横につけていることを皆さん、ご存じだったでしょうか。2番目からは縦になっていても上は必ず横になっているかと思います。

そうでないと、だんだんと ボタンのおさまりが悪くなってくるという理由らしいのです。

洋裁をされる方なら、きっと常識なのでしょう。

ですがわたしの求めたその一枚は、一番上のボタンも縦のボタン穴がついています。 デザイン性からなのかと思いながらも、ボタンがみえないようなデザインにしていることから、どうもそれが理由ではなさそうです。

と、いうことは、この洋服を知り尽くした人たちの中にも その常識を知らないという人がいたのだろうか?ということです。

その一枚を身に着けると 確かに 気持ちはあがります。 シンプルなのに華やかな気持ちにさせてくれる一枚って さすがは 世界的に有名なお店のものなのだな・・・と思います。

が、あまり袖を通す機会に恵まれないのは、白だしちょっと気の張る一枚ということもありますが、私は このボタンの感触が問題なのではないか?と 思っています。

このボタンは、服を知り尽くした人たちの遊び心なのか・・・それとも ただのぼんやりだったのか・・・

それは推し量られながらも、着用に若干の居心地の悪さを感じさせるとしたら、残念ながら この購入は失敗だったのかな・・・それでもまだ可能性を持たせてくれる何かがその洋服には宿っていて。いつか もっと年をとったときに、自分で洗濯をじゃぶじゃぶして この一枚を 洗いざらしのジーンズに合わせてる。その時は 上のボタンももしかすると 横に自分で穴を開けているのかな・・・という思いを馳せてその一枚を眺めていると、これは もしや作り手の遊び心からのものだったのかもしれないと思えてきたり。

華やかで、主張が強くて、そうかと思えば 脆くって 手に負えないかと思えば意外とタフ。

フランスを代表するブランドの一着と、バラの存在は どこか似ている。

そんなバラばかりでは疲れてくるから庭にグリーンと静かな花との組み合わせを求めるように

ワードローブも、地味でも作りのしっかりとした間違えのない洋服は、なぜか日本人が作る衣服に多くあるように感じる。

Arts and Scienceの服は 地味さの中に普遍性と魅せるを持っていて、作りは間違えがないな・・・と感心することが多い。

Artsの服は 庭でいうなら おそらく グリーンあたりの位置づけなのかなと思ったり。こちらの写真は生徒さんのお庭の素敵なバラたち。彼女の素敵なバラをみると やはりバラが一番好き♪と思ってしまいます。

 

 

 

 

Book keeping

今年は家計簿 book keeping を継続できていて。

信じられないことに これをしないと 歯を磨かないで寝るような感じで 気持ちが落ち着かないレベルにまでなってしまっています。

10年前の 私には 想像のできない いまの自分。

こうなると 10年後は いったい どのように景色が変わっているのだろうか。・・・と 元号が変わり 時代はどのように変化してゆくのだろうか。

震災 災害 もしかすると 想像をしたくないが 何かゆゆしきことに巻き込まれ 家計簿?それどころではない!というほどの状況で活きているのかもしれない。

そうおもうと どうか手遅れにならないうちに 世界が 循環よく この 家計簿をつけたときに ぴったりかんかーん!となるときのような 流れで 滞ることなく ゆっくりとでも 明るいほうに回り始めればよいのに。と、切に願う。

別に家計簿をつけたからったお金が増えるわけでもないけれど ただ 流れがわかると すっきりとして 何か それまでみえなかったものが、浮き彫りにされ・・・ まぁ 自分の身の丈を 数字で知る。 といっただけのことだけど。

そういえば 家計簿をつけてみるとですね。 計算間違えをしてしまう 売り手さんが 意外と多いことに気づかされます。 間違えに気づいてしまったとき、 間違えはみなあるもの。と心にとめながら その都度、お勘定 なにか ちょいとずれがあったようです そちらでもお確かめいただけると幸いです。と お伝えさせていただいてます。

そういった 不明にならない利点は あるのかな・・・毎日の収支をつけるのには。

それまでのどんぶり勘定で生活してきた私のような人を いまの私がみたら

お互いの交通整理のためにも 自己管理しっかりしたほうがええよ・・・と ケチにはならない程度に言いたくなってしまうのかも しれません。

Happy Valentine ♡

今日はバレンタインのようですね。小学生の男の子たちは チョコレートもらえたかな?

2月くらいになってくると 私は やたらと チューリップが恋しくなります。

チューリップって 母くらいの年代からは ちょっと ひいきにされていないようですが

いまのチューリップは ゆっくりと 衰えてゆきますよ。 バサッと花が落ちるというよりも

枯れてゆき、その枯れ方も また 風情があるような。

私は この花 とてもエネルギーの強い花のように思います。

だんだんと 空気の中に エネルギーが高まってくるこの季節。

それと同時に 人々の 心が エネルギーが右往左往と せわしなくなってくるのが 2月というようにみています。

その空気の忙しない流れに なぜか チューリップは よく合うように思います。

それは この花自体が とても強い花で そういったエネルギーを受け止める力があるからと 自分はそのように納得しているのですが。

 

あと もう一つ 2月の空気に 一番あう 歌声は Ella Fitzgerald チューリップと彼女の歌声があると

2月の ゆらゆらと 揺れ動く 2月も 心沈めてくれるから不思議です。

Plain food… not gourmet kind.

こうやって 写真に写してみると まったくもって雑な仕上がりの食卓ですが。

けっこー ここまで作るのも てんやわんやなのですよ。

ご飯は冷凍をレンジでチンで あらよっ!という仕上がりであったりしますが、

にらのおひたしは 生姜のおろしたのに ちょっと砂糖を入れて 醤油でといたものに浸し。

わかめは細かく刻んで 二杯酢というものにつけて ねぎをちらし。

牡蠣は、平鍋で 水分を抽出して取り出し、その抽出液をそのまま火にかけ 鍋にはりつくまで じっと待ったところで お酒をふり そこに醤油を風味程度に注す。そして また 牡蠣を戻し 液をからめたものをオリーブオイルに漬ける。といったもの。

そして 昨夜の鯵の酢締めの残りを焼いたものと。

お味噌汁は 昨日の夜の出汁に味噌をとき、トマトとピーマンをはなったもの。

この1年、野菜を宅配でとりよせることになり。 選ぶことができないので とにかく 使い切ることを考えてメニューを組むと こんな感じの 素食仕上がりになるのです。

おとといは、大根の葉がもったいないなぁ と思い、低温油で 水分を抜くように からりと揚げ、そこに塩をパラリとかけた 一品を食卓にあげましたら

今夜の料理の中で これが 一番おいしい と カナダ人の夫が言いました。

驚きです。

素食続きの我が家ですが 地味でも もしかすると 自分の料理の腕は 前よりましになっているのではないか? と 思えた 瞬間でした。 カナダ人に 大根の葉を旨いと言わせた! これは 得も言われぬ達成感でした。

Year end cleaning!

一年最後の月が始まりましたね。

今日から 忙しさに拍車のかかる方も多いかと思います。

思えば 一年の中で 最も暗い(日の暮れるのが早い)一か月、忙しくしてないとやりきれないですよね。

パーティ 大掃除 お正月を迎えるにあたり 年賀状書きなどなど。

大掃除をするほどのことでもない・・・というほど 普段からきれいにされている方でも年末の掃除は、気持ちの入りが違うのではないでしょうか?

自分の掃除方法は コーナー コーナーで攻めてゆく方法です。

下駄箱は 大体夏のうちに大掃除をするのですが、いつもの掃除にそれを付け加える。

窓は春先に磨きながら その時に夏用の網戸を入れます。カーテンなども 大体夏の乾きの早い時に洗ってしまい。 雪がちらついてから 網戸を全部外してシャボンで洗いシャワーで流し 納戸にしまい、来年の春先までさよならです。その時に 窓周りを拭くので 窓ふきは年に2回と少ないほうかもしれませんが、山なせいか、まぁこんなとこでいいかなと思います。

クローゼットも衣替えのついでに ちょちょっと掃除してしまっているので そこは放っておいて。

やはり 年末の掃除は 台所と洗濯機周り トイレ お風呂場 に集中することになってしまいます。

台所 いるものといらないものの 見直しをはかりながら いると決めたものたちを磨き上げてゆく感覚。この感覚が自分にとってのYear end cleaningの醍醐味なように思う。時間がないとできないことなので やはり 休み中に限る。

お皿も グラスも なにもかも 使わないと だんだんと 濁ってくる感じがして。かといって 多くの食器をまんべんなく使うというのも難しい。 となると 春先と 年末に 年2回、季節のお皿の入れ替えをしがてら 洗ったり 磨いたり 漆器なら糠入りのやわらかい布で拭いたりとすると いい感じになるから 手入れって本当に大切なんだなぁとそういうものを見るたびに思う。

いつかは プラスチックの食器 または点滴を目にしながら 時を過ごさなければならなくても

生きている間のこの時間に感謝しながら、 一年が終わる。