実力 

一人の人として実力を持っている人って、いいなぁ。と、心より思う。

人を使いこなしてお金儲けがうまい。と言われる人よりも、 ある時 ある日から 私の興味は いや 私の憧れは そちらの方へ向くようになった。

 

なぜなのだろうか。

 

実にシンプルなことで。 そうしている人の方が、安定していて そして やさしくて 楽しそうだからだ。

自分の得意なことをし、躍起に ワクワクと楽しみながら すごい仕事に結果としてなり、お金がついてきている人たちも中にいたりはするけれど。 基本は 今日一日の 仕事をしながら 実力もまた磨きつつ 今夜の飯と酒がうまい。くらいの 生活リズムをもって仕事に取り組むこと・・・と それが理想です。

このお彼岸の連休に、もう 実家のない室蘭へと 一泊でお墓参りに行ってきました。

普段は日帰りなのに 今回は 友達 そして お世話になった方にも挨拶をできたらと 計4名の人たちと再会するにあたり 夜の会食も予定に組み込むことに。 Go toキャンペーンも利用しながらのプチ故郷帰り。

夜の食事に指定されたレストランは、室蘭市をご存知の方ならピンと来るかもしれない健康保険証 3割負担を提示する人はセレブと呼ばれるくらい、生活保護の人が多く住んでいる、そんな地区の片隅にあった。

街灯の少ない夜道を歩きながら 私は失礼ながらも こう呟いた。

「Tちゃんさぁ 隠れ家的といえば聞こえはいいけれど・・・ 果たして こんな立地条件の悪い場所でやれるレストランって 存在するものなの?」と。

不安げにたどり着いた先の、暗闇の中で ぼぅっと灯りのついているその店は いかにも 美味しそうな空気を漂わせていた。

え? これって・・・ なんか期待できるのじゃない?・・・と ピンときた。

と 入った店内は 美味しいものが出てくるに違いない。と いうような匂いと そして 計算された寸法でインテリアが整えられていた。 無駄のないレイアウト。これは すごいことだ。と 席に着く。

シャンパンで始まり 3人で一本白ワインを 考え抜かれた構成と技術の料理で 楽しく開けさてもらった。

その夜は私たち3名の貸し切りだったので、店主から色々なお話をきけた。

札幌で 30年以上 有名店でシェフとして責任ある仕事をし、お店を一軒持った後、父親が倒れたことをきっかけに 一年弱前に自宅の一階を改装し、自分で作った料理を、自分一人で出せるカウンター6席のみのこういった店を持ちました。とのこと。

これだけの料理は 正直 札幌でもなかなか おめにかかれないというようなものを 人口数万人程度の、これまたその室蘭市でも えらくロケーションの悪い場所で  本物の存在をしっかりと意識しながら腕によりをかけて仕込みをしている店がこの世界に存在したのだ。

テレビ番組が喜びそうな 絵図だよこれは。と不思議な時空の中に私はその夜、いた。

人を酔わせるだけの力を持つ料理人が、この小さな町の これまた 決して好条件とはいえない街角で店を開こうとするのに かかった時間、偶然に それに巡り合えた幸運に感謝しながら 私たちは 楽しいひと時を持てた。

お彼岸の 祖先のお墓参り。

ご先祖様が ニヤリと笑いながら ちょっといたずら心をしかけてくるようなそんな出来事も もう一つあった。

それは ここでは書けないけれど。

ここ 最近 心より思うことがあって なんか こう ちょっと あちら側にいる誰かが 茶目っ気を出して 自分を試すような出来事って あるもんだなぁ。と 思ったりしている。

東室蘭に行かれる方がいらしたら こちらの お店 お勧めです。

ぜひ。

お味噌汁

この味噌汁というものの美味しさに目覚めた今日この頃。

味噌汁に一魂込める。という具合に作ることに結構力をいれている。

出汁は、いりこ 煮干しが相応しいということで、朝出かけるときに、はらわたをとった煮干しの頭と身を200㎖に8匹くらいを目安に冷蔵庫において、それを夜に煮出して お味噌汁の実によってはその段階で少し火を通すものがあるけれど、昨日の夜は薄揚げと茗荷、そしてねぎの実にした。

揚げは、熱湯に一度通して一呼吸でとり、その端のほうをレーザーシン(細く)に包丁をいれて、二枚にはがす。わたしはそれを長さ5センチくらいにして、ほそくほそく刻む。薄上げがふんわりこんもり刻まれるイメージ。

それの細さと同じくらいに茗荷も刻み、ねぎは細かい小口切りにした。

出汁にお味噌をいれて煮立ちそうなあたりで 薄揚げから入れて もうちょい煮立ちそうなところで 茗荷とねぎをいれる。

味噌汁を塩分の塊としかみなさなく、拒否反応を示し続けたカナダ人の夫も最近は味噌汁を完食する。といったところに加えて昨夜は、美味しいねこれ。と呟いた。

このカナダ人の夫が、自分の調理に対する優劣の度合いを知らせる実験台であり反応が面白い。

材料が質素なものであっても、心をこめて集中して作ったものには面白いくらい反応を示す。

かつて一番驚いたケースは 大根の葉を、からからに素揚げして それにパラリっと塩をふったもの。それが今夜の食事の中で一番、うまい。と言ったことだった。

バター チーズ 動物性たんぱく質の中で 育ってきたDNAにも、日本の簡素ではあるけれども理に敵い、そこにうまくなれよ~~~と思い調理する食事には訴えかけるものがあるのだ。と、感動をした一瞬だった。その時からかもしれない、自分の料理の方向が少し変わったのは。

変わって良かったことは、食材を無駄にしなくなったことだと思う。

手元にある食材で、どうやったらおいしく仕上がるか。という目が強まった瞬間だったと思う。