失敗

気づかれている方もいるかもしれませんが、一度リニューアルしたHPはまた元のさやに戻りました。

18年間 てくてくと一緒に 歩んでまいりました 小林さんのもとに出戻ったのです。

ちょっと これには 理由(ワケ)がありまして、 新しくお願いをしようとしていた相手は 一言でいうと 信用のおけない人であったのです。

それに気づき、 ありゃりゃ どーしよ? と どこかで 自分を また やっちゃったの? オマエはおバカだなねぇ・・・ と呆れている自分がいました。

が、 まず 支払ったお金を返してもらうために

その人物が置いてゆき その会社の名前で営業をしている 名刺に電話をしました。 代表とお話をしました。 その人物は 実際に その会社では働いていることが分かりました。

会社自体が その営業と名乗る人物と同じレベルであることを想定して、半ば諦めながら 事情を伝えてみると その会社の代表は すぐに菓子折りを持ってやってきました。

 

そこで 小林さんも同席してもらい 3者面談。

いつもは 好々爺(?)の 小林さんは そのときばかりは びっくりするほど 攻撃的な姿勢をもって

「これは出るところに出たら 訴訟問題ですよ。そんな従業員をかかえる御社は この問題をどう考えているのか?」と 切り出す。

そして こう続ける

「いいですか? このスクールは 小さいながらも 18年間近く 浮き沈みの激しい 英会話学校という事業を 行ってきて 今回 こういった形で、自分たちの建物に 移転まで果たせたんですよ。 それが なぜだか分かりますか!?」

私と その代表は 目を丸くして 小林さんの次の言葉を ジッと待つ。

「・・・それは!ひとえにですね・・・シブいからですよ(ケチだからですよ)!」

・・・ガクっ! と 代表も 私も 二人でなった。 絶対になった。

顔を真赤にして、「ちょっと・・・! 聞き捨てならないこと言わないでよ 小林さん。 それなりに 支払は まぁ 大盤振る舞いではないけど 無礼のないようにしてきたつもりよ^m^;;」 と タジタジと反撃するわたし。

「まぁ それは 冗談としても こうやって やってこれたのは それなりに 色々なことがありながらも そこから学んで なにかしらの工夫をしながら やってきたわけですよ。それでいながら未だ、このSというような人間の単純な詐欺めいた行為を見抜けなかったのは、まぁ水上さんの甘ちゃん気質は まだまだ 修練が必要ということなのでしょうけれど。しかし、それでもまだ これは 出るところに出たら 訴訟問題になります。 お宅の会社も そんな社員を抱えてと信用問題になりますよ」

一瞬、固まる 代表の顔。

・・・と、そこで 何故か なぜだか わからぬが 私の頭上に 経験値という 糸が降りてきた。

ここは 私も 小林さんと 同じトーンになっては あかんな。

そして 小林さんも  そうさせるために この人 わざと 荒くれた演技をしているな。と 察知した。

そうすると 私の口から こんな言葉が スラスラと出てきたのだ。

「・・・まぁ このSという人にも まだ将来があるのでしょうし・・まだ 30代ってとこでしょ?」

「はい 37くらいになります。 子供も一人います。 子供がいながら こんなことをして オマエは 恥ずかしくないのかと僕も 本当に腹立たしい思いがしてなりません」と 社長。

「 わたしは まず 全額返金を望みます。 ですけれど この人 きっとお金使っちゃったと思うのですよね。 お金に忙しいから こういう行いをしたのでしょうし」

「・・・と、思います」

「 彼からの直接の全額返金を望みますが、 御社全体で この事柄を改めて省みて、どうすることが一番よいのか・・・ 次回 お会いする時まで 決断されてきてください。 もし いよいよになれば 私は こうやって すぐに挨拶に来てくださった 社長の姿勢を信じて 御社の埋め合わせを持った提案というのも 聞こうかとも考えています」

と、 次の面会の約束をして お別れした。

そして いい知らせを持ってきました。と 次のミーティングの時に笑顔で その社長はやってきた。

お金は それから やく一ヶ月して 返戻された。

あの時、 なぜに 天からの声が聞こえてきたのかな? と 回想してみた。

あれは 天からの声ではなく 自分の経験からの声だったのだ。と 思った。

思えば あまり 言いたくはないが ある人間のみみっちい詐欺行為のおかげで 大河ドラマのように続く年月で、精神的、金銭的な損害を受けた経験を40代にしたことがある。

すっかりそれで 人間嫌いになったようなダメージを受けていたようにも感じたが、こういう時に あの苦々しい経験が効いたわけ?と

いいやん・・・ けっこー 得難い経験できたやん。と 初めて おぞましい経験を肯定的に捉えることが このたび あった。

その経験が 私に こういう言葉を とか ああとか 頭で考えさせたのではなく・・・ ある妙な・・・諦め感。 自分を笑っている 半ば なるようにしかならん・・・という あきらめ感 が 自分の 本音とは違う演技めいた言葉を 吐かせたのだと 思う。

でも 本当は 失敗は少ないに越したことはない。

棚卸し

今年は 庭のラズベリーの実がつくのに 通年より2週間ほど遅かったかと思います。

各地で大変な災害にあっている方々を思うと、寒いとかなんとか 文句は慎むべきと・・・そんな中、遅くはありながらも 赤い実のなる木をみて嬉しくなりました。

遅くても 自然の摂理で 実がなれば 花が咲けば それは幸せ と

あれることの幸せを深く思いました。

数十年前 自分がまだ20代であった頃に きれいな花束をみながら

深い溜息とともに 「咲かない花っていうのも あるんですよねぇ・・・」 と 蕾のままに終わってしまう花もあるんだよなぁ とポロリと口から出たことがあります。

それを隣で聞いていた 自分より年配の女性が 大笑いしました。おかしくておかしくて 仕様がない といった様子で。

いま 思うと あれは わたしが 自分の様子に その咲かない花をみたてて ふと 吐露した言葉に 彼女はなんともいえないおかしみを感じたのだと思います。

その頃の自分は きっと 咲きたくて咲きたくて仕方のない なにかの花だったのかもしれません。 けれど 咲き方が分からず なにをどうして どうやったら うまくいくのか分からずに もしかすると 自分は 花をつけることもなく終わってゆくかもしれないなぁという焦りを抱えながら 生きていた ただ ただ 上をみて。 下を足元をみることを知らない そんな22歳だったと思います。

野苺も 生きてさえいれば いつか遅くても実をつけるってもんです。

それで いいんじゃないかなぁと 野苺をみながら思います。

今朝 野苺を ひとつひとつ 摘みながら

これからの自分に必要なのは 自分を棚卸しして これまで 足りなかったことのひとつでも 改善していけたらよいな・・・と 庭の片隅で思いました。

例えば 小さな遅刻を 少しでもなくして 時間通りの人になりたいな。(小刻みに 3分 5分と 遅刻してしまう人は なぜか 自分の周りの 幸せそうな人 または お金と楽しく付き合っているような方々の中にはいないことに 気づいてしまったのです・・・)

例えば 払うべきお金は 出船のように 待ってましたとばかりに きれいに出すようにしたいなぁ ( これは 自分は プライベートビジネスの方々には意識して努めていますが 税金だけは どうしても ぎりぎり いや 期日をちょっとすぎて支払ってしまう あかんところがあります。 これを 改めないとあかんなと思います)

明治生まれの 商売人の鏡のような曾おばあちゃんが言っていた言葉のなかに。

「お金は生き金を支払う気持ちが大切だ。人間っていうのは きれいにお金を払ってくれるところには いい品を持って行きたいって思うもんだよ。払わなければならないお金は 出船が待ってましたと出るように払うもんだ。 そうすれば お金持ちにはなれなくてもな お金に見放された生き方はしなくてすむ」 というのがあった。

自分は そんな祖先の言葉を どれだけ 実践できているのかと

出来ていないことだらけじゃないか・・・ と 苺をつみながら涙ぐんでしまった。

上をむいて むいて 咲かない花があると焦っていた あの日から

野苺を摘みながら 足元をみて 出来ていないことの棚卸しをして、これからは 少しでもましにしてみようかと 思えたそんな朝でした。

雨の日は靴を選んで それなりに 過ごしたいものです。

しかし 新しい場所の自分の机から 雨の降る眺め 雰囲気 悪いものではないなぁ と しとしと 落ちてくる雨模様。

先ほど Andrewのレッスンが終わり 新しいHPの為に

写真を撮り合いました。

新しいスクール 新しいHP そして また 月日は流れて

雨の日も雪の日も そして 最高にお天気に恵まれる一日も やってきて。 私達の時間は 流れてゆきます。

英語って なかなか なかなか 苦しいくらいに 進歩に時間のかかるものですね。 もちろん 才能に恵まれた人は たくさんいて あちらで 暮らした方もいらっしゃるから 一概にはいえませんが。

私は 本当に 苦労 苦しいです。 英語が好きなら もっと もっと 進歩しているかと思いますが 自分の得手ではないのでしょうね。 好きな人は もっと もっと 有利に進歩が早いはずです。

先日 もう 自分には無理だから 止めてしまおうか・・・と通訳学校に行くことを やめようかと 思いました。

3年も通っていれば 少しは進級してしまうのですが・・・ 先日 少し負荷をかけようという試みからか かなり 難しい地球温暖化と金融政策について・・・ コンビを組んだ方が 振替で 上級クラスから出席していたのだと思います。 あまりにも 自分の出来なさに 自分が劣っているということに 情けなく 悔しく・・・ もう 心が折れそうでした。

また・・・ 自分は通訳学校には通っているが 通訳者には絶対になれないしなるべきではないと 決心しているのです。 向いていないのです。 でも その練習は トンプソンの家族のために役立つということから始めたことでした。

しかし・・・ そのような志の低さで 身を置けるような場所ではないなここは・・・と 前回は 自分を追い詰めてしまいこのように落ち込みました。

とはいえ悔しいから 家に帰って 真剣に反復 復習をしてみたわけですよ。 復習をしてみると いやはや まいった こんな難しい話し方 内容を ある人は 瞬時にわかり また ある人は 理解する力を養っている理由から、短く理解に繋がるのですよ。

自分には その力は おおよそ足りないのだ・・・ と 分かるしかないのですよ。 芸能ニュース 料理とか そういった 話に関心の高い私には 到底、金融政策、はたまた 惑星とのからみで地球温暖化が進んでいるなどと まった〜〜〜く ちんぷんかんぷんな糸口のないお話となってしまうのです。

少し 落ち着いたら 落ち込みとともに 仕方ないじゃん・・・と開き直ってきて・・・ どうやったら 続けられるか それには 周囲に迷惑がかからない程度に 自分のペースを持つことだな・・・と 思うことにしました。 周囲に迷惑がかからない程度 というのは 予習よりも復習をしっかりとして わからないことをわかるのを喜びとしていく図々しさをもつことだ。と。

Thompson Internationalも これから 終わりの日までどのように変わっていくのかなぁ と 思った時に、国家予算の話を通訳するとかそういったクラスは 到底 持つことは ここには なくても、そういった話を 読み理解するクラスは 設けたいなと 思っています。

そういった話を理解し もっと 欲をいうと それについて意見を書けるようになると そういった 会話が 表面上には出てこなくても 会話をする時に ものすごく 役立ってくれると思います。

それが 次の10年の目標なのかもしれないな・・・ と

こんな自分もなんとか めげずに やっております。 それを みなさんとも 分かち合えたら 幸いです。

 

 

風薫

風の薫る季節がやってきました。

6月に神社のお祭がある頃に ようやく札幌には夏が訪れ8月の末にはもう秋の風が漂うのですから、これからの毎日が本当に本当に北海道の私たちには貴重に思えます。

その薫りの中で 先日 お茶の先生に 「とても爽やかなお点前をされるようになりましたね」と お褒めの言葉をいただけたのです。

風が気持ちよいことも手伝ってくれたのですが、おそらく その前に

英文の読み書きの練習をお願いしている H先生に ようやく ようやく 1年と半年経過して 突き返されずに済むものを提出でき、思わず信じられずにえっ!?と確認をした出来事がありました。

その嬉しさが お点前にも映ったのであろうと思います。

自信・・・って 自分を信じるって こんな 点 点 という具合に繋がり ちょっとした幸せを生むのだろうか。と お点前をしながら感じました。

ふと 今朝 山の自宅の庭の景色を眺めながら、この景色を 風の薫りをあと何回 感じることができるのだろうか・・・。と 西城秀樹さんの訃報を耳にし感傷的なことを朝から思ってました。

続けても 続けても 結果の出来てこない自分に嫌気がさし、かといって 昔みたいに勢いをつけて見栄のために何かを得るといったよーな気力も体力もなくなり。じゃあ どーすんの? といったら 続ける以外ないっしょ・・・と なにもかもが 混沌とした中で 時には 諸事情が発生し 集中したいことに集中できない 言い訳をみつけてはイライラして。

そんな 中途経過の一コマにそんな瞬間が、風薫と共に訪れました。

これから 札幌はとてもよい気候に包まれますね。

みなさま ひとつ ひとつを 大切にお過ごしください。