ミツワ石鹸

このコロナのことが始まり。 戦中に生まれた実母に これまで意識したことのない質問を投げかけている。

「昭和16年生まれといえども、戦争の思い出はあるんでしょ? 戦時中ってお風呂はどうしていたの?石鹸という代物はあったの?」という私の質問に対し

「田舎だったから 比較的まだものはあったけどね。 あの当時は石鹸だなんてものは手に入らなくなっていたと思うよ。だから あの ほら 魚油から作った石鹸で 魚臭くってねぇ・・・ そこに 魚だから シラミがよけいに湧くという悪循環が生まれるわけ」

「ぎょっ・・・ 魚油から石鹸作る! クジラではなく?? けっこう辛いものあるね・・・で、あなたも それ使っていたんだ・・・えらいねぇ」

「 いやいや 私はミツワ石鹸使っていた」

「え? なんで??」

「そりゃ あのあんた、キクさんのことだもの 戦争が始まるとなる前に 五番館に行って 毛糸とか またそのほか必需品は数年分を現金で買ってきたっていうから・・・」

「うわ・・・でた。元祖買占めひんしゅく隊」

・・・と あのキクさん こと 西川キクさんは 母の祖母。つまり 私の曾祖母にあたる人である。

明治に長女として生まれ、実家が日露戦争で田畑をとられた後、父親が蚕の相場に手を出し失敗した。

その借金の支払いのために小学校を卒業するかしないかくらいの年に、石川県から船で一人、北海道の地に親戚の家に奉公人(働くために)渡ってきた。

その当時の北前船という船が小樽の港に到着し、札幌に向かってくる停車場でぼんやりと町の灯りが暗闇の中に見えたとき、あぁ 自分は 遠い遠い 未開の地にやってきたのだなと実感して涙で灯りが滲んでみえた。という話には、何度聞いても涙が出てしまう。

このキクさんが93歳で亡くなった時、私は18歳だった。 人の死もお祭りに思えてしまうような年齢の視線の中で、いろいろな親戚たちが集まり繰り広げられる会話。また お坊さんのお言葉などもかいつまんで集め、空知の9月青空の中に、火葬の煙が消えてゆくのを見つめながら・・・「私たちに気前よくお小遣いをくれた優しいひぃおばあちゃんは、もしかすると とても敵の多い人生を歩んだ人だったのではないかなぁ・・・」というう感想をもった。

都合のよいことに 私の母はその祖母に育てられたので、育ての親であるキクさんの話が、会話の端はしに出てくるから 私のその彼女に抱いた感想、疑問 知りたいことを、事あるごとに教えてもらえる機会があった。

13やそこらの痩せた少女は、まず東にある雑穀屋に雇われた。そこでは頭の回転がよいことと数字に強いことで商売の方に間に合ったので、家のことではなく店のほうに駆り出されることとなる。 だから 晩年のキクさんの口癖は「私は、いつも店のほうに出されたから、家のこと料理、裁縫、女のすることを一つも知らないできてしまった」であった。

その雑穀屋で22歳の結婚する時までお世話になったという。

砂川の角ヨ角野という屋号の店に勤めていた曽祖父のところへ嫁にいくように。と、話を持ってきた親戚の叔父と叔母に言われるがままに、風呂敷包みひとつと、それこそ手鍋下げて東から砂川に向かい所帯をもった。

結婚してからしばらくの間、夫と二人でその大店にお世話になった。

そして、いつまでも人に使われているだけでは・・・と 夫と二人、まず最初に荒物屋から始め米穀店に拡げていった。きっとそれは、奉公先の雑穀店の仕込みがあったから踏見切った分野だったのかもしれない。

角ヨ角野さんから頂いた50円の退職金を元に、商売しても借金だけは絶対にしないという方針でキクさんは頑張ったらしい。

借金をしないで商売をするとなると 必ず仕入れてすぐに売れるものでなければならないわけで。 そうなると 味噌 醤油とか毎日消費されてゆくものをこまごまと扱う荒物販売で少しずつ資本をつくり、大きな金額を扱う米穀の商売にもキクさん独特の思い切りの良さというか・・・ここぞというときの決断の速さは大したものだと言われていた。

なのに 旗色の悪い話となると「西川の母さんときたら、流れのいい話にはこちらも出来ないような男並みの決断をするくせに。ちょっと具合の悪い商売の話となると、(いっとき算盤かりさせて、うちへ帰って父さんへ聞いてみないことには、いますぐには返事が出来ん)とくるから敵わん・・・」と 男の沽券で仕事をしている衆からは評判が悪かったと・・・私は想像する。

私の覚えているおばあちゃんは、もう半分寝たきりになっていたが、記憶の中にある着物姿は・・・それこそ 漫画の意地悪ばあさんの、あの姿なのである。

洗いざらした木綿素材の着物は丈が短く、骨だけになったような細っこく青白い足元がみえていたな。そしてなぜか、料理をするわけでもないのに前掛け(それもまたゴワゴワっとしたような質感の)をしていたような記憶がある。で、和服姿の肝である襟元(純白であったり素敵な柄の物をお洒落の工夫を凝らす場所)に 半襟を汚さないように白いハンカチを挟んで入れていたような。

私の知っている80代の姿がそうであったが、若い時は違ったかというとあまり様子は変わらないものであったということは、しっかりとしたかまどを持ちたいという一心でいた彼女は兎にも角にも、新品の着物はそのままにして置き、万が一の時はそれをお金に換えるとばかりに、着古した着物につぎはぎをあて、すりきれた袖口も補修しながら着ている姿に、たまたま訪ねてきていた角ヨ角野の大旦那さんが、見るに見かねて

「キク!おまえ、西川も男だぞ」と夫の代わりに怒鳴った。という話からうかがえる。

そんなキクさんは、おしんの世界を地でいって・・・着実にかまどを確かにしていった。

キクさんの残した数多くの名言の中で 「亭主とふたり、欲と二人連れで商売に身を入れている時が、人生の花だった」というのがある。

「おばあちゃんは、太平洋戦争でそれまで築いたものすごい財産と、大切な長男(母の父)を失くしたんだけれど、あの気質があったから また商売を立て直すことが出来たんだよねぇ・・・大した人だったと思う。おばあちゃんがあんな気性の人でなかったらさぁ・・・ お母さんは中学出たらすぐに働かなければいけないような身の上だっただろうに・・・女子大にまで行かせてもらえたんだから・・・。かえって 自分の実母(彼女は夫が戦死してから実家に帰り、違う人と再婚した)に育てられずにいた方が お母さんにとっては幸運なことだったんだよね」と よく言葉にする。

そのキクさんが したことだ・・・。 元祖買占め買い溜め派ではあるが 家族のことを思い、そして 先のみえる人であったから・・・ それに 嘘はつけなかったのであろう。 毛糸を買い占めた。石鹸を数年分買い求めた。あとは 何を調達したのだろうか・・・ 生きていたら ぜひ聞いてみたいことだった。

現在、ひんしゅくを買う行為であるのなら、当時もきっとそうであったと思う。影口をたたく人もいたと私はそう思う。お金にものをいわせてひどいことをするものだ。と、総ざらいになった空っぽの棚を見ながら訴えた人だっているだろう。

で、呑気に母は ミツワ石鹸を当たり前に使い暖かいものを着せてもらい育った。

キクさんは

日露戦争も知っている。 その後に親が相場に失敗し売られた立場となって遠い地にやってくる悲しさも知っている。借金がどれだけ怖いものかということを身をもって知っている。その怖さゆえ借金はしない方法で工夫をこらして商いを進め財を築けたちょっと珍しい人だった。そんな大した人である彼女の(誰もが必ずもっている)欠点のひとつは・・・計算が先に立ちすぎてしまう。そんなところであったと母は言う。

戦争が始まる。物がなくなる。早めに手をうたなくては。と・・・ それは当然人間の本能で起こす防衛行動ゆえに・・・仕方のない部分もあるが。

生きてゆく中で 曲がり角にくると必ず出てしまう欠点・・・・(それは 私も 誰でも必ずや持っているものだと 諦めるしかない種類のもの) それが そうであったという。

彼女のその先の利く性格おかげで、家族はミツワ石鹸を使いながら戦中を過ごした。が、大切な長男の命だけは買いつなぐことは叶わなかった。

そうだ いま 思い出した。 曾祖母の葬儀の時に、お坊さんがお経を唱えたのちに、故人を偲ぶお話が必ずあるが。そのときに

「西川のお母さんは、なかなか苦労も摩擦も多い一生であったかとうかがっております。(そんな感じのことを言ったかと思う)が、あの方ほど、一生懸命に念仏(お経)を唱える方をわたしは知りません。一心に心を込めて仏さまに向かう方でした」

戦死した息子のために一心にお経を読んだのだろうな・・・と 18の私はそう感じたのを憶えている。

 

 

 

 

本日の午前、札幌駅前にある小林皮膚科さんの帰り道、北海道大学の正門の前を車で左折するときに

卒業式の女子大学生さんたちが卒業証書を持ち、はかま姿で順番で写真を撮っている姿が目に入ってきた。

もちろん 皆さん美しい中で、それまた群を抜いて美しい子がお母さんと歩道を渡ってゆく。 その桜の花吹雪のような女の子(といっては失礼か 若い女性)の姿を目で追いながら、文句なしに美しい時って 人にはあるのだな。と、とても眩しかった。

がっくりとくるニュースに追われる毎日の中で、光輝くものを見、ホッと頬がほころんだ。

 

きっと あんなに輝いて嬉しそうに卒業証書を掲げて・・・ 一生懸命勉強をされたのだろうか。 充実した学生生活を送られたのだろうか。 色々な想像をしてしまう。

卒業 の 節目に礼節を尽くせる 生き方って とても大切なことなのだな・・・ と思えた そんな街角の一枚の絵が 私にとっての桜の木にみえた。

 

3月の経過

みなさま いかがお過ごしですか。Pandemic infectious virus 爆発的感染ウィルス で騒がれ始め 2週間以上が過ぎております。
多くの民間運営スクールも閉鎖という発表をされていらっしゃる中において賛否ご意見は覚悟のうえ、

私共Thompson Internationalは 通常運営を続けております。

それには、グループといえども少人数制、主に個人レッスンを軸に運営している私たちが、この時とばかりに閉鎖する意味を どうしてもみつけられないことにありました。

 

また他にも

この前兆の騒がれ始めた頃の金曜日にになりますが、

以前から予約をしていた 二人単位での食事会で 札幌浪花亭さんに寄らせていただいた時 お店の人の姿勢に感銘を受けたことも、出来る限りの これまで通り手洗いはもちろん、換気消毒、スタッフの健康を常時確認といった注意をはらって運営を実施しようと決めた理由にあります。

浪花亭さんに入ってまいりますと、2代目店主が満面の笑顔で
「いらっしゃいませー!」といつも通りの大きい声で迎えてくれました。
ちょっと 沈んだ気持ちに パッと華が咲いた気持ちになりました。
そして 時間とともに カウンター席は人で埋まってゆきました。

そこには きっと 「どうか この時期ですが来てください!」という板長自らラブコールを送ったお客さんもいらしたと思います。
そして カウンター席に向かって 嬉しそうにこう言いました。

「わたしども浪花亭は 開業して58年になります。そしてこの58年の中で お客さんがゼロだったということは一度もないんですよ。だから 今夜は嬉しいです。ありがとうございます!」と 大きく一声。

2代目板長の後ろには 3代目の息子さんともう一人板前さんが控えてて、 総勢3名が 清潔な見通しのよい板場できびきびと仕事をされていました。

いいもんだなぁ と感心しました。 これぞ 民間商いの鏡だと 私はそのときに感じたのです。

これが正しい、これが間違いということはこの事象の中では言い切れることはなく。この緊急時に問題意識が足りないと思う方だっているかと思います。

が、自分はどうするよ? と 自分へ問いかけ、そして 皆様の判断を尊重しながら その Golden mean(中庸さ)には十分に留意し 閉鎖しない道をとらせていただいています。

まだまだ 収束のみえない状況ではあります。

どうか 皆様 気を付けて でも 気持ちが負けないようにお過ごしください。

余談ですが 浪花亭に行った際、母の好きな浪花亭の鯖寿司をお土産にと所望しましたら、

その日に限っていい鯖がなくてと違うもので申し訳ない!ということで 美味しいマグロとお漬物の入った太巻きをお土産に。 すると 数日後 お電話で いい鯖が入りましたので本日鯖寿司仕込みます。 お昼頃には作っておきますのでいかがですか!^^! と 威勢のよい声が・・(笑) 浪花魂 みあげるところです。

Thompson International

粛々 日々過ごす。

政府の決断のもとに・・・ 要請・・・と 自分の行っている学校の方も 3月の2週くらいをお休みにするようです。 メイルでお知らせがあり、その間は お送りしますYou Tubeで授業を受けてください。とのこと。

そうか・・・世間はそうなのか・・・。

自分たちもそうするべきかなぁ・・・と 一瞬迷いはしましたが、通常運営の形をとって よかったとは思っています。 いつも通り、子供たちはスクールに到着されたら手洗い、そして レッスン終わるごとに換気。 そこに大人も手洗いを加えながら おります。

みなさまの ご判断にお任せはしておりますが、お元気な方たちとは お互いの無事を確かめ合いながら・・・

こうなると 少人数制 そして プライベートレッスンを 主だった形態にしておいてよかったのかと 自分たちのスタイルが 今回のことで益々明確になりました。

生徒さんのお一人が 差し入れくださった ケーキと そして また 違う方が差し入れくださった 札幌浪花亭の あの美味しい鯖ずし に 私が 少しでも 気持ちが明るくなるようにと 買ってまいりました チューリップ。

今日は 桃の節句ですね。 どうか その日を忘れずにもいてあげてください🌸

どうか 皆様 体力 そして 気力(この気力を忘れてはなりませぬ) 病は気から です。 をしっかりつけて この時期を 皆で乗り切ってまいりましょう。

Thompson International

 

Thompson Internationalは開校しています🌷

小学校、中学校 閉鎖されるようですね。

私共は 普通にOPENしております。 生徒さんより 行ってよいものかどうかと ご丁寧に問い合わせをいただく度に、そのように対応させていただいてます。 個人レッスンの場合は Skypeでも対応しております。 気になる方はリクエストください。

ずっと 子供たちには、ここに着いたらまず上着と荷物を置いて、手洗いを徹底してきましたが、このようになってみると、そうしておいてよかった。と 思います。

大人の方も、気になる方は どうぞ 広々としたキッチンで手洗い すっきりとされてください^^。

 

今回のこの伝染性ウィルスの騒動は、江戸時代のように衛生に注意を払い自分を守るという意識を高める意味では、どこか 他人任せであった昨今、警笛であったのかもしれません。

煮沸 掃除に余念のなかった時代を もう一度顧みてみたいと・・・思います。

 

 

真似したいこと

冬になり、多くの人が行き交う街の大型書店で気の付いたことがあった。

BO Body Odor いわゆる 体臭というの? 衣服についてしまいとれなくなるようなレベルの、言ってしまうと不愉快な匂い。

あれは 夏ではなく 冬の時期に気を配り、エチケットとし注意を図らねばならないものだったのか。と。

そうか。 冬のコートは毎日洗濯できるものではない。意外と汗をかく。ましてや子供などは外遊びで汗をかいたものを冬の間中、洗いもせずに着てしまうケースがある。防寒用の服を洗いもせず、風も通さずいる結果の匂いがそうか これなのか これなんだ。と 真冬の札幌市のと、ある大型書店で気づく自分の鼻は、東京に行ったばかりの19の夏、満員電車でのそれと同じものだった。

嗅覚の悪い自分がそういうのに気づくことは滅多にないのだが これは 自分自身気をつけねばならないなぁ・・・と 自分のや同居人の防寒ジャケットも、裏返しにして風にあてたり 洗うことは出来なくても 裏側をデリケート衣類洗剤を薄めたもので拭いたりと。やっているうちに

これって 家だけではなく どこかで コートをかけるときも 同じように裏返しにしてかけてもいいのではないか? と 思っていた矢先。

Thompson Internationalに札幌で有名な建築家の方がおみえになっている。

もちろんお仕事柄お洒落な方ではあります。そのうえに その方はいつも自然に自分のコートをスクールにある一畳ほどのクローゼットにかける。 そのコートに昨日何気なく目をやると なんと!仕立ての良いコートを裏返しにかけてあった。

おおお! これでいいのだ。 冬はこれでいこう。と確信しました。

昔 お茶の先生に、よくたしなめられたことを思い出した。 まず風呂敷をもっておいでなさい。

その風呂敷に自分の身の回りの物を包んでから それから ご挨拶です。と。

そーだ そんな教えもあったよなぁ・・・と、身についているのか身についていないのか あやしいもんだと反省しながらも。

気の利いたレストランに入ったときは まず コートを脱ぐ、または脱がせてもらう。そして お店の方に 必ず 預ける。 どこかへ行った際も コートをかけるところがないか。 それをみれるようになれたのは、あの教えのおかげであるの、かもしれない。

あの方は男性だというのに、この作法に加えて、コートをさらりと裏返しにしていることに いやぁ さすが 一流といわれる方なんだなぁ・・・と 昨日は改めて感心してしまった。

コートを裏返しにする。ということは 上記の問題も緩和できる・・・かもしれないし。それに 隣の人のコートが当たっても 自分のコートの表生地を傷めない。という 昔の知恵もあるのかもしれないな・・・。と考えさせられた。

我が家の猫

山に帰ると、一日中、一匹で留守番をしている我が家の猫が出迎えてくれます。

彼女は女の子です。 孤独に強い猫です。抱っこが苦手です。人間はトンプソンのことが一番好きなようです。

食べ物は ロイヤルカナンのカリカリ餌のみ。 それ以外には興味を示しません。ジャンプ力のある長い手足が自慢の彼女は、まるでスプリンターのようです。

野性味が豊かで どちらかというと ひとり(一匹)でも 悠々と過ごせるタイプの猫なんだろうなぁ・・・と 私は あまり 猫かわいがりしないでいます。

きっと 自分に女の子と男の子の 子供がいたとしたら 男の子の母の猫、タボを溺愛し、チッチ(我が家の猫)には そっけない そんな母親になってしまっていたかもしれません。

 

Thompson International マスコット猫

二階に住んでいる母の猫が 人の気配のあるスクールの方に来たがってしまいます。

猫好きの方がレッスンにいらしているという時と、また 手伝いに来てくださっているミワさんがいたりする日に限り

許可がおりて 下のスクールに遊びに来ます。

幸せで 福福として 太っている猫です。人が好きです。食べることも大好きです。鮭の皮の美味しさをしってる猫です。 栗とかあんこも大好きです。 先日は大丸で売っているあの高級菓子 王様のフルーツケーキ(私の大好物)を大切に食べていたら、じ~~~っと見つめるので まさか・・・と思いながらも少し与えると もかもかと食べ もっとくれといって大変でした。

ビールも好きだったりします。

でも そんな 人間の食べるような(人間でさえも食べすぎるとよくないものを)かわいくて食べさせてしまうと あとで苦労するから 気を鬼にしてこらえております。

タビという名が 最近は タボ となり 太っちょに似つかわしい音だと思ってます。

2020年春🌸のコース

こちら、昨年からのものを引き続き、内容の調整をしたものです。

2020年春、4月よりスタートです。途中入会可ではありますが定員6名までと4月までのご入会の方は

入会費半額と🌸 この機会に 英語を始めてみようか。またはこれまで 習いながらも なにかモヤモヤとしたものが残り、話すときの自信に繋がっていない。そんな方 いかがですか。

Thompson Internationalで英語の時間を始めてみませんか。

お味噌汁

この味噌汁というものの美味しさに目覚めた今日この頃。

味噌汁に一魂込める。という具合に作ることに結構力をいれている。

出汁は、いりこ 煮干しが相応しいということで、朝出かけるときに、はらわたをとった煮干しの頭と身を200㎖に8匹くらいを目安に冷蔵庫において、それを夜に煮出して お味噌汁の実によってはその段階で少し火を通すものがあるけれど、昨日の夜は薄揚げと茗荷、そしてねぎの実にした。

揚げは、熱湯に一度通して一呼吸でとり、その端のほうをレーザーシン(細く)に包丁をいれて、二枚にはがす。わたしはそれを長さ5センチくらいにして、ほそくほそく刻む。薄上げがふんわりこんもり刻まれるイメージ。

それの細さと同じくらいに茗荷も刻み、ねぎは細かい小口切りにした。

出汁にお味噌をいれて煮立ちそうなあたりで 薄揚げから入れて もうちょい煮立ちそうなところで 茗荷とねぎをいれる。

味噌汁を塩分の塊としかみなさなく、拒否反応を示し続けたカナダ人の夫も最近は味噌汁を完食する。といったところに加えて昨夜は、美味しいねこれ。と呟いた。

このカナダ人の夫が、自分の調理に対する優劣の度合いを知らせる実験台であり反応が面白い。

材料が質素なものであっても、心をこめて集中して作ったものには面白いくらい反応を示す。

かつて一番驚いたケースは 大根の葉を、からからに素揚げして それにパラリっと塩をふったもの。それが今夜の食事の中で一番、うまい。と言ったことだった。

バター チーズ 動物性たんぱく質の中で 育ってきたDNAにも、日本の簡素ではあるけれども理に敵い、そこにうまくなれよ~~~と思い調理する食事には訴えかけるものがあるのだ。と、感動をした一瞬だった。その時からかもしれない、自分の料理の方向が少し変わったのは。

変わって良かったことは、食材を無駄にしなくなったことだと思う。

手元にある食材で、どうやったらおいしく仕上がるか。という目が強まった瞬間だったと思う。