気働き

この気働きのまったく出来なかった(現在も・・・おそらくその傾向あり)自分が言うのもいかがなものかと思うけど。

女の子は、多くのことが例え出来たとしても、この気働きの全く利かない子は、あかん。と 思う。

気働き、気を働かす。 ということ。 なぜに これが 出来ん? と 自分に問いかけてみながら これまで生きてきたけれど。

ほんと・・・ 若いころから これが 出来ている人は、違うのよ。違うの 色々なことが。

一度 ほんと―に 気働きが もう少し出来るようになれないものかと 夜のホステスさんとかに弟子入りしようか。とまで、思ったくらい。 きっと あちらから断られたかとも思うけど。

灰皿持ってきて。と 言われたら ライターも 一緒に持ってくるのは今時、時流ではないにしても、書くものある? と言われたら 当たり前のように 紙とペンを差し出すとか。 石田光成じゃないけど お茶は最初の一杯は少しぬるめに、次は熱く。とか 何かしていただいたら まず最初のありがとう。そして 次に会った際にも その節は・・・とありがとう。と 記憶に留める。とか、あるお茶のお家元の 娘さんは、 お母さんから どなたかに偶然にでも会った際には、その方に何か お世話になったことはないか? と まず 一目散に 考えるように。それから挨拶と 教えられた。とか。

これは 家庭環境が ものを言うのだな・・・と 思ったときに 随分 我儘放題に また いくら親が教えてくれたとしても 聞く耳を持てなかった 私は 自分の失敗からしか学ぶことが出来ない。という 随分 遠回りで損な生き方をしてしまっている。と、思う。

そんな風に思っている中。

昨夜 小学校6年生の女の子を 窓際のカウンターで 読み書きを教えていた時に。

今 この寒中、外で仕事をなさっている方々がいて、その中に毎日、道路に立ち棒や旗を振って頑張っている女の子がいる。

その娘さんが、昨夜 5時近く(もはや暗い中) スクールの前の窓は大きい。外から 棒を振るようにみえたが あれは単に手を振ってくれていたのだろう。 私と 教えているRちゃんは 「なんだ?なんだ?」と 彼女に それでも 手を振り返す。すると彼女が近くに寄ってきて 手袋をスクールの前で拾ってくれたのだろう その手袋を 私たちの方にみせてくれた。 するとRちゃんが 「・・・あ・・あたしのだ」と呟いたきり、 動こうともしない。

私は  すかさず 立ち上がり、 Rちゃんの首、襟元を(お母様には申し訳ないが、昔の 猫をつかむような形で) ガシッとつかみ。

「Rちゃん! そういうときは まず 立つ! そして自ら近寄り、お礼を 言うもんだよ。 拾ってくれた人が なんで あんた(お母様には 怒られてしまうかもしれないが 幼稚園から来てくれている 彼女には どうしても 他人事とは思えないなにかを感じてしまった)の方に 歩み寄って持ってきてくれなきゃいけないの! そういうときは まず 自分から行く! そして まず ありがとうございます! そして 外で寒い思いして仕事をされている人には 寒い中 ご苦労様です! と言うんだよ。さあ 行くよ!」と すっかり大きくなった体を引きづるようにして 外に出て お礼を 二人 頭を下げた。

・・・と なぜに この子は 体が パッ! と動かんの? と 私はしばらく 不思議に思っていたが。

きっと 自分もこの子のような少女だったんだろうな。と 思いながらも いや 昭和は もう少し 子供も 大人に混じって こうしなきゃ ああしなきゃ。とか考える 環境があったようにも 信じたいが。どうだったのだろう・・・。

いま この時代、親が厳しく躾けたい。とか思っていても 社会が色々面倒をみてくれるようになってしまっているのだろうか。

社会の雰囲気が なんつーか 人を鈍感にさせてしまっているのではないか?

私はある 光景を思い出した。

10年くらい前だろうか 東京で地下鉄に乗っていた時に、乗車してきた女の子のバッグが扉に挟まってしまった。

女の子は叫んだ。 私は何かと思って ハッ! とそちらを見た瞬間、その中で すぐに体を動かしその子を助けた男の人が一人いた。 なんと 扉を力ずくで開き バックを中に入れてくれた スーパーマンだった。 その人が誰だか 私にはすぐに分かった。

なぜかというと その人が乗車してきたとき、 とても原始的な表情をした 目つきの鋭い人で ちょっと  怖かったからだ。

しかし その人は 実は 感度の優れた人だったのだ。 ・・・驚いたことに、信じられなかったが・・・彼以外の 他の男の人たちは その出来事が起こった瞬間、後にも、 スマホ(その当時は携帯?いや スマホかな?)をみながら ずっと下を向いていた。

その光景をみたときに ゾッとしたのを、今回の出来事とはちょっと違うけれど 少し重なって 思い出した。

鈍感になりすぎている 自分を振り返ってみる価値は この時代 重要だと 思った。

明けましておめでとうございます。

今年は、世の中が良い方向に向いていけれるように 前向きに 前向きに(去年は 引きずられるような印象の強い一年でしたので) 過ごしてゆきたいと希望しています。

と、トランプ支持派が暴動を起こしたりと。 例年通り 年が明けると、大きなニュースで騒がしくなります。それでも個人的の思いとしては これは 明るさへ向かっての 一歩と(亡くなった方には 不躾ですが)信じたいです。

さて、新しい年になると、今まで続けていたものの見直しを図ったり、そんなことって皆様、ありませんか?

先日 母との会話で こうやって 人は従来の行動をやめたりするのかなぁ・・・と 思うことがありました。

母「 年末にはしっかりと 払うもの払ったし、何もないはずよね。グリナさんだって 31日に支払い終わったし。30日に到着したものなんだから、当然よね ぎりぎりの年末になったって」

私 「あの グリナさぁ トンプソンがお母さんからいただいて飲んでみたけれど 最初のうちは効いていてい良かったみたい。けど、結局はパンチのキレが悪いなぁ。って言っていたわ」

母 「あら そう じゃあ もうあげない。 ・・・・・・そもそも ジェフリー(夫の名前)って、あの人・・・ストレスってあるの?」

私 「・・・ちょっと 失礼しちゃうわね。それなりに あるわよ。 仕事ではないのかもしれないけれど カナダにいる お父さんの問題とかさあ あるわよ・・・それなりに。・・・っていうか あなたこそ 毎日この世の春状態で生きててさ ストレスフリーな毎日じゃない。 ご飯食べてるか 午睡しているか お菓子食べてお茶飲んで  カーブス行くか 麻雀は いま出来ないかもしれないけれど翌日の仕事もなく いつだって寝れるんだから あなたこそ グリナ もう必要ないんじゃないのぉ?」

母「 (笑) ははは そうかもね。 ついつい お父さんが生きてる時から ずっと飲んできた グリナだけど。確かに もう やめるか」

私 「そうよ そうしなさ~い」

と そんな具合に 物事は 淘汰 というか 仕分けされてゆくのだろう。

きっと どこかの 夫婦の会話でも 車の中かどこかにおいて

「ところで 君 英語って ものになってんのか?」

「なってんのか どうか わからないけど、 今 辞めちゃうと これまでのことが無駄になるし」

「そうかといって いま おまえさんの ものになってんだかなってないだか 分からないものへの ***円より、 ***子への 差し迫った教育への投資の方が先なんだから 今年は もう英語 やめてくれ。いいな」

「・・・仕方ないわね。じゃあ 今月いっぱいにするわ」

 

と 新年とは そういうもので だけれども また 新しく物事を始めよう。と希望に燃える人が 数多くいらして。

私たちは その循環の中で 存在するだけで。 それでも 縁をいただけたらお別れの際にも、上記の会話のような中に

でも 力はついた。と思ってもらえたり やめるのは残念だ また 来たい。 といった 思いを抱いてもらえたら それが 本望です。

さあ 今年は どんな方々と出会えるのかな。 楽しみにお待ちしています。

Thompson Internationalで どんどんと力をつけている皆さんの

空気がここにはあります。

私たちは その空気の中で 本当に楽しませていただいています。

一緒に力をつけてゆきましょう。

2021年1月

Thompson International

ハヤブサ号

ちょっとだけテレビで観たことで。あのハヤブサ号というのは、名のなき一人一人の職人さんたちのパーツで作り上げられたものだとか。(当然・・・そうなるか) で、その技術度の高さ、精密さは大したもので、やはり日本の職人技術は世界でもトップレベルなのだ。という人々の感心を呼び起こさせるような内容のものだった。

そして、数日前かな、ヒアリングの練習で、Cameron Herold という人の Let’s raise kids to be entrepreneurs というものを TED(YouTube)で 聞いていた。

内容は、ご本人は起業家であり、あまり学校の成績はよくなく勉強は嫌いであったが、家族は自分に起業家であれという育て方をしてくれた。教育を “Being entrepreneur “ 企業家であること ということに焦点をあてているわけだからして、どうやって物から利益を生んでゆくか。ということを親は徹底的に子供に仕込むのである。

マンガ本を 比較的お金の困っている友達から買い取り、裕福な家の子供に 50セントあたり(約50円)を上乗せして売る。 クリーニング屋さんのあの針金ハンガーを集めてお金にしたり 7歳の頃から色々なことを始めるのだ。14歳の時には ゴルフ場の仕事を夏休みのバイトに友人たちは始める。が、彼は 一日中、同じグループについて 日当幾ら(確か10ドルくらい)しかも貰えないのに対して、 ゴルフ場の坂道になるような辺りで待機している。そこで 何組かは(カナダなので)たまに カートもキャディもつけていないような人たちがいる。その彼らに 重いゴルフバッグを 一回1ドルで運ぶというサービスをして 一日中、それらしき人たちのいる丘の麓をめがけて走り回らなければならないながらも 友達の2倍以上は稼いだ。というような話だった。

おちのところまで まだ聞いていないけれど。 そのうちに彼は人を働かせて利益をそこから生むことを覚えてゆくのだけれど。 で、子供たちにも もちろん 医者になれ 弁護士になれと教育するのは悪いことではないが起業家になるための教育をもっとするべきだ。というようなことだったと思う。(もしも私のリスニングに間違えがなければ)

でも・・・ なんかねぇ 日本人としてのDNAか何かは分からないけれど、心に入ってゆかないなぁ。と思う。まず この子供のバイトでのお金の稼ぎ方は チップシステムのない日本にはちょっと合わないし。また 友達から安く買ったマンガ本を 親が金持ちの友達に高く売る。というのも 需要と供給バランスがよければいいなら 責められることではないけれど。ま 無料(ただ)で貰ったものを 売ったわけではない分、いいのかな。

・・・ あ そうか。 きっと 私はこういう人と友達にはなれないな。と思ってしまうタイプの方なんだな。と思った。

人間というか 女とは(違うタイプの人もいるかもしれないが) 実に 自分勝手なもので

金儲けのうまい夫は欲しいくせに、そういう人とは友達にはなりなくない。と 思っているとおもう。

で、自分の場合、金儲けのうまい夫とは縁もなく、自分もこの人のように徹底してお金を追って幸せになれるか?というとそういうタイプでもない。と ある時期に 諦めた方である。

で、 どうすれば幸せになれるか・・・と考えたときに、 ふと 周りを見渡すと 自分がカッコいいなぁと思う男の人たち(仕事をする姿は どういうわけか 男の人の方が 分かりやすい)は、 自分の技術を追い求めている人たちだった。 髪を扱う仕事ならその仕事。 不動産を扱う仕事なら その不動産という仕事を動かすために色々な人と交渉事が出来る引き出し。そして 粘り強さ まとめ上げると大きなお金が動く癖に お金をまったく度外視したような 一瞬一瞬の取り組み方。逆に小さなお金勘定をしていたら気が狂ってしまうのかもしれない。 医者だってそうだと思う。自分がその仕事が好きで使命を持っている人に私は診てもらいたい。 スポーツの指導者で勝ち負けの世界だけではなく子供たちに人間としての核を教えたいというような生き方も心から尊敬する。で 思えたのだけれど ハヤブサに貢献した職人さんたちのような仕事を出来る人たちが もっともっと生きやすい そんな国に もしも日本がなれたら、日本という国は なんて素敵な国になるのだろうな。

そろそろ クリスマスの飾りつけ始めました。

今年は、街が早めのクリスマス飾りつけをしているようですね。

そうでもしなければ、やりきれない 一年でした・・・とまだまだ過去形にはなりませぬが。

今年は、スクールも恒例のクリスマスパーティは控えます。そのかわりに、来週あたり クッキーあたりになるかと思いますが お菓子を焼こうと思ってます。

今年は家族だけのクリスマス。もしくは 静かな自分と向き合うクリスマス。 そういう様にとらえて 出来れば 白い雪も欲しいところですね。

Many thanks on the thanks giving day.

先週の土曜日 21日。 たくさんありがとうと、こちらから伝えたいことをしていただきました。

 

16歳の可愛い女の子から花束を貰うのは 人生 初のことで。とても嬉しかったです。

前回の夏には涙した英検に、今回確かな自信をもって合格した彼女。

彼女の嬉しい気持ちが伝わって、私もHappyになりました。

勉強が嫌いだった自分が、勉強をするようになり、その流れで人様を教えさせてもらえる機会を持ちました。

自分の強い願いは、読む喜びを伝えたいということです。 まず読み込む力を一緒に持てるように。

そうして 書く力もつけてゆきながら、当然の流れで話すようになる。 その蓄えを持つ人は 話す言葉に説得力と安定があります。 ネイティブスピーカーでもそうなのですから、第二か国語で英語を使う私たちは もっとそれが必要になる。と、私は 遅まきながら 実感をしています。

 

もしも、水上の読解クラスにご一緒できたなら、読む力を一緒につけてゆきましょう。そして 書く力は(まだ残念ながら私では役不足です)Thompson Internationalの優秀な(法律、医療の翻訳を手掛ける)講師について 添削してもらいながらコツを掴んでいってください。そして 会話は彼らの チャーミングでカラフルな英語をたくさん吸収して、間合いを真似て、音のリズムと文化をGetしていってください。

それらを 身に着けて 大きな世界へと羽ばたいていかれるように、心より応援しています。

Lemmon Tree🍋

秋口にレモンの木を求めました。

2回目の挑戦。今回はうまく育ちますように。 土も入れ替えて 日の当たるところに置いてます。

青色だった実も黄色く色づき。

夏には外気にあてて すくすくと育てられますように。

そして寒い季節は室内の空気を暖かく照らしてくれますように。

掃除ははじからキリリと。

円く掃除をしてしまいがちなわたくしが言うのもなんですが。

掃除は 端から攻めていった方が 結局いい仕事ができる。隅をしっかりとキリリっと磨きあげそして中をちょっと手を抜きながらでも拭いてゆくと、大体はきれいにみえる。

気分の問題だろーか。 いや ほんとにそう感じる。

で、これ、顔も一緒じゃないか? と ある日突然思いまして。

もみあげ(女性でももみあげって言うの?) 耳にかけての横の部分に ニキビ跡とか つねにトラブルを抱えているのは 顔の表面 前のほうばかりを気にして 額縁 端のほうはおざなりとなっていたせい。と気づいた。

洗っているようで ちゃんとすすいでないな。これ。 と 立体的に 石鹸で磨き上げるように 顔を洗い ゆすぎも抜かりなく隅々までと 最近はしておりますと、わずかな 改善が。

隅 端 から まずは 拭き上げる。 顔も掃除も 一緒の手順で♪

サザエさん いじわるばあさん そして つる姫じゃー

上記タイトル、この三つの漫画本シリーズが Thompson International Library に唯一置かれた漫画本であります。

私の愛してやまない この三つのシリーズは 50年以上 または 50年近くたっても いまだに時代遅れとならずに 小学生たちを笑わせることの出来るマンガであるのだから 恐れ入る。

子供用にロビーに置いておけるマンガ本は これ 意外に少なくて。歴史に関係しているから いいかな? と 私の大好きな東村アキコ先生(東京たられば娘の作者)の 描いた 雪花の虎 というもの。購入してみたが、 微妙にちょっと 男女のシーンもあったりして。 さすがに 良い子の皆さんには 待ち時間に読んでもらうわけにはいかないか。と、 なかなか 子供向けの漫画本を探すのも むづかしいことを発見。

その点 上の三つの漫画は たとえ 風俗的なことが描いていても まったくいやらしさを感じさせないのは あれは 不思議でしょうがない。

4コマ漫画のよさは そこなのかもな。と 思う。

4コマ漫画のような 印象の人っているよな。と ちょっと 思ってみた。

4コマ漫画を意識して生きているのか いないのか 分からないけれど 真理をもち 簡潔。 いやらしさの少ない人って そういう印象の人が多い。

 

実用英語検定合格者続出中

嬉しい知らせが ドッと 週明けに押し寄せました。

実用英語検定にチャレンジしていた子たちからの朗報が次から次へと。

前回涙した子も、今回はうれし涙でした。

3級も 準2級も そして2級も みな よく頑張ったなぁと まだ 一次試験通過中ではありますが 嬉しくて。指導させていただく立場も ついつい勇み足になってます。

わたし個人は 個人はですよ。 勢いで テストに強くをモットーに 人生を切り開いて行けるのも それは それで 才能だと思いながらも。

個人的には(繰り返す) コツコツ コツコツ 勉強を積み上げて行ける 力を蓄えて行ける そんな習慣を若いうちから持てた人は幸いだなぁ・・・。と 思っているのですが。

 

そういった 意味では 今回 それぞれの級に一次試験通過できた子たちは皆、そのエッセンスを持ちながら、結果を掴んだ自信が出来た。と それが 一番 みていて 嬉しい。

勉強をする姿勢。 私も 早いうちに身につけたかったなぁ。(← いまは 身に着いてるようないいかた(笑) 見栄とか 勢いとか そんなんじゃなくて。学ぶ楽しさ。 それは なんなんだろーなぁ・・・

切り口は それぞれ 個性はあっても そこから 学んで行ける楽しさを もっと 社会や 親たちが大きな目でみれる そんな  スロウフードじゃないけれど Slow education だなんていうと ゆとり教育を提唱するんですか?と怒られそうだけれど。

結果的には自分を信じることの出来る人に なれることが 教育なんじゃないかなぁ。 と 思ったり。

だから この英語検定という機会をつかって 自分を信じることを知る ステップになれたのなら それは それで  尊いことだと 思います。

とにかく! おめでとう! まだまだ これからも たくさん 学んでいきましょう。お互い頑張りましょう! これから 面接テストが待ってますね。

虎屋の羊羹

最近の自分で周囲の影響を受け、わずかながらも進化したこと。といいますと、他人様の家に伺う時は大体ですが手土産を持って伺うことに気を付けるようになった。

これは いい習慣をつけてもらえたなぁ。と、時々ぼ~~~っと 手土産の内容を考えあぐねてみると。

 

ある程度のお年で、健康志向の方には 厳選された高級塩(自分では決して買わないようなの)

オリーブオイル 等。

元気な子供さんのいる家庭には 若々しいお菓子。(和菓子でないの)

南アフリカのワインが好きという言葉 言っていたかなぁと 思って南アフリカのワインを用意したり。

あとは 華やかな美人には その人のイメージの花束。くらいが 自分の持っているカードだ。

そういえば 何かあると 美味しいチョコレートを(どこでみつけたの?)というような厳選されたものを小さな箱で必ず持ってきてくれる友人がいる。 彼女を思う時は チョコレートにワインに そして 花束。そんな 洒脱なイメージが彼女だ。

自分の親世代が 何かあると お遣い物には虎屋の羊羹 虎屋の羊羹と 騒ぎ立てる その虎屋の羊羹は 今時 どんな際に出番があるのだろうか・・・・ と、人様にものを差し上げることを、おぼえはじめた私は、時々そんなことをずっと考えていた。 そんな折に ジャストタイミングで 昨日 こんな発言をし 私を笑わせてくださった人がいた。

「あっちゃん いい? お遣い物は 仰々しくなく。が鉄則ながらも、それでもよ 心から お詫びを入れなければならない相手。そんな時には 何を持っていけばいいかわかる?」

「え・・・ 興味あります。な、なんですか?」

「・・それはね。・・あっちゃん。羊羹よ」

「・・・ブっ」と はじけたように 何故か私は笑ってしまった。 その人の言う間がおかしいのと。また 羊羹など 絶対求めたことのないようなタイプの人なのだ。

「へぇええ! そうなんですか 羊羹って そういう時に出番があったんですね」と ひとしきり感心する私に

「いい? それもね 虎屋の羊羹よ 虎屋の。 しかも 木箱入りよ!」

「おおお なんか 分からないけど 勉強になります。 木箱入りの虎屋の羊羹ですね。 一生忘れないようなアドバイスです。 ありがとうございます!」と 虎屋の羊羹のお遣い物の出番について、自分には無用なのかもしれないとまで考えていた私にとってすっごく Good Timingな 話だったのでえらく感銘を受けるお言葉だった。

木箱入りの虎屋の羊羹を持ち 私が参上した際には 心からの謝罪と みなしてください。

きっと そのアドバイスに真摯に向き合い 参考にし 実行する日が 長い人生の中であるはずです。いえ これまでにもありました。 その時に この アドバイスを知っていたとしても 事が好転したとは思い難いながらも 何か 違ったのではないか・・・と 思ったりしてます。