バラと猫とお義母さん トンプソンインターナショナル

お知らせ&日記

    バラと猫とお義母さん

    父の遺影は、道の駅がバックにあって。

    ジョージジャンセンのシルバーのカッコイイ写真立てに入れてみたら、まったく合わなくて。

    地味な木枠の500円くらいの写真立てが1番、彼には似合う。残念ながら。

     

    ところが 義母ときたら、どのタイプの枠もぴったりとはまり。この写真たては 東南アジアのとてもリーズナブルなもの。しかし 光る。

    ジョージジャンセンのフレームになぞ入れてしまったら もう それは どこのモデルさん? というくらい。

    亡くなっても モデルがいいと 外枠も 効果が出るってものなのねぇ。・・・と 思う。

    いつも電話で、猫と、庭のバラのことを聞いてくれていたっけ。

    天国から 庭に健気に咲いている秋のバラ・・・楽しんでくれているだろうか。img_1250img_1251