ひとつ ひとつ トンプソンインターナショナル

お知らせ&日記

    ひとつ ひとつ

    ひとつ ひとつ やってゆけば なんとか 終わる。

    言い換えれば ひとつひとつ やるしかない。

    その中に あまり 先の評価とか 相手にどう思われるか ばかり 考えてしまうと(まったく考えるな・・・と言っても、それも人間だからむつかしいと思う) ゆえに しかし それを目標にすると 肩がはるし、疲れる。

     

    だから ある時から 自分の身体は 目の前のこととか 今日やることしか考えなくなってしまった。できるだけ そのイメージでいこうと努めるようになった。という方が正しいかな。

     

    それが よいことなのか 悪いことなのか 分からないけれど。

    自分の身体には 合っている。 疲れをあまり残さなくなった。

    人によっては 大きな絵を描ける人がいて。 その全体像から 今日やることを 組み立てて行ける人がいるという。

    私には それが できない。 そのことを わかるのに こんなに こんなに 長くかかってしまった。

    家を 整えてゆくのも 私は コーナー コーナーで まとめてゆく方法が性に合っている。

    ひとつ ひとつの 箱をつくるイメージ。 玄関なら玄関の箱。果物を置くコーナーなら その コーナーを つくる。 チマチマしているけれど それが自分の方法。そうやっていくと気持ちが落ち着く。

    img_2072