Cheerful 楽しい 華やかな トンプソンインターナショナル

お知らせ&日記

    Cheerful 楽しい 華やかな

      服を試着してみて。

     「この服を着たら 楽しい」 華やかな気持ち 心持ちになると、店員さんに伝えたら
    もう ほぼ その服が欲しい。 着たい。ということを 店員さんに伝えているようなもの。

     昨夜、お風呂に入りながら 紙とペンを持って 自分の持っている服を思い浮かべながらリストを作ってみた。 汗が出てくるのに そういう作業は程よい時間になり、紙のフニャフニャ事態は無視してあれこれ浮かべながら書き込んでいた。

     ティシャツがないな。 買おうか。と、リストにするとなかなか良い効用がありそうだ。

     この5年位の間 自分の衣服計画を基から正そうと、気を引き締めてものを選んでやってきた。

     そういいながらも 自分らしくないものも 時代背景に則り購入してみたものもある。
    例えば、ちょっと色気のない靴とか ウォーキング機能、健康志向を大きく占める あの手の靴。とか 静な動きのデザインとか。 それは それで 誰かが着たら とても 素敵なものかもしれないけれど。 自分の向きではないとはっきりと わかった。

     自分の好きなものは、楽しいもの。 どこか 華やかな気分にさせてくれるもの。であるのだな。って。

     家 と いうものも 生活 と いうものも 衣服 などなど そういったものたちに その好きなもの を 忘れずに もっていられたらな。と 思った。

     このことをわかるのに。 この5年の 立て直し期間が必要だったんだな。と わかった。

     家も もしも 叶うとしたのなら 私は 色気のある建築物が好きなのだ。 と はっきりとしてきた。

     色気というのは ひじょーに 難易度の高い表現方法であるというのは よく わかるけれど。 実用一点張りの味も素っ気もないのでは面白くない。かといって 考えなしに盛りつけるのも みていて 危うい。

     みていて 心地よくて 色気を感じて そんなものに囲まれてみたいなぁ とものをみつめるときにみている自分がいる。