Inheriting family antiques

 断捨離イズムが、あちこちで行われている いま。 また 世代的に モノを増やさない心構えを持ち始めなければいけない歳だというのに。

 私達夫婦のところに この2年間 ドッ! とものが流れてきた。
いらない いらない! と 抗っても 抗っても 父が亡くなり、一人になった母が札幌にやってくるにあたり、実家の仕分け 処理を手伝うのは 兄弟の中で 自分しかいなく
いくら いただけるものは 紙の軽いもの(¥)だけで けっこー。 と宣言してみせたところで。 「これは 大切にしてきたものだから オマエがもっていって」と 言われると 弱く 引き取っているうちに まず そこで ひとかたまり。

 更に 先日の月曜日 カナダのトンプソンの実家から 荷物が押し寄せた。
トンプソンの母も 私の父と同じ 2年前の8月に亡くなった。 して、トンプソンの父親は家を売り ケアつきハウスへ移り住んだ。

 その際に 大体の家がそうなように 多くのものを整理しなければならなく 

 私はいらない。 頼むから 頼むから カナダのものはカナダでなんとか始末して。お姉さんもいることだし。
と 何度も話し合ったが
トンプソンは お母さんの思い出のあるものを 傍においておきたい。と 頑として譲らず・・・ 

 高い運送料を かけて トンプソン家のアンティークたちがやってきた。

 今年いっぱい荷解きと整理に追われると 覚悟しながら

 昨夜 家に帰ってみて ソファで 一息ついて 辺りを見まわしてみると 第一段階、紐解いたもの中のものが まわりにあった。
なんだか 周囲が トンプソンのお母さん色に染まっていた。

 私なら 使わないような ピンクのリネン・・・ 洗うのが面倒だし 手入れも大変なものを なぜ 所有し 使わなければならないのか・・・ 正直 理解できなかった自分がいた。

 が・・・ こやって 眺めてみると いいもんだなぁ と思った。
お義母さんの 優しげなコレクションたち・・・・ 銀の食器なんて いま時代 使う人なんかいないよ・・・ ましてや 私達の暮らしぶりに そんなものがあったって 埃集めるだけなのに・・・ と 思っていたけれど、ある以上は やってきてしまった以上は使うしか ないじゃないか。と 思った。

 私の生活に リネンと銀という 負担が介入してきた。 しかし 持った以上は きれいに 活かしきって 次の世代に 渡してゆくしかない。

 時代がミニマリズム 断捨離に 向かっているというのに なぜ 自分は いま これらのものを 受け取るのだろうか 

 もしかすると
 私には 子供がいない けれど これを しっかりと 手入れよく 活かしきって 次の世代 トンプソン家の誰かに バトンタッチして 渡したとする・・・
その時に 時代は 2050年位の どこかの時間で 「これはね 日本にわたって 英語学校を開いていた 日本人と結婚した あの おじさんがね くださったのよ。 そうそう あの日本人のおばさんが 送ってくれたのよね」 と 私のちょっとした役割もそこにあるかもしれない。

 古いもの と 言えば それまでかもしれない が 200年前の ピアノの椅子 細工の美しいワゴン  銀食器に刻まれた1900年という数字 
 
 昨夜は お義母さんのエレガントな世界というものに 身を置くことで 代々受け継がれる物の意味なるものを 考えてみた。

 

 


  

ほんとのこというと・・・

本当のことを言ってしまうと

年々 年々 日常に埋もれてしまいたい自分がいる。
ただただ 食し 生活に追われ 眠りにつき 翌日を繰り返すだけの。

でも それでは 自分が育たないんだろうな・・・と 重い腰をあげて コンサートや 旅 や 文化に触れるような試みを自分に課してみると それは それで やはり 意義あることなのだろうとは 分かる。 が、 しかし、 どこかで エイヤッ と努めてる自分は一向にいなくならなく 更に驚くことに そういう 文化に触れることを喜びと愛しめる人々が 一方ではいるということが わかってくると・・・ まずいな 文化吸収にあまり積極的ではない自分・・・なんとかしたいよ と 心情穏やかでないまま 文化に 背伸びして 触れようとしている そんな様子なのだ。 

 そして それは この先も決してなくならないことは はっきりしていて。

 本音をいうと 焼き鳥屋で ビールでも飲みながら 一日の愚痴を言うよーな暮らしのほうに 自然に任せると いきたい性質。
 
 しかし、 世の中には 高尚な 文化や暮らしを楽しみ  きれいな言葉運び 楽しい冗談を交わしながらでも 決して、いない他人の批判などを簡単に口にしない人々もいるのだということを知ってしまうと 
 やはり ソッチの方が いいよなぁ・・・ と いくら 高尚さには欠けている自分でも そういう人たちには 憧れは持つ。

 注意して そういう人たちの 動向を観察してみると 決まって 文化を傍に置いているのだ。 自分の行きたいと思ったコンサートには積極的に出向き。 テーマをもって旅をし、なんというか そう 積極的なのだ。

 そうはいっても 自分の持って生まれた性分を 180度変えてまで 積極性を模倣するのもなぁ・・・と ためらう自分に 時々 えいや! っと 課すときに この言葉を唱える。

 庭をつくるのにも その作り手の文化度合いが出る。 庭のために 精進精進・・・と唱えながら 時々 えいや! っと 重い腰をあげての芸術 文化との 向き合い方をしています。

 

ハロウィーンいたしました^^

 10月22日の夕方、秋晴れの穏やかな夕暮れから ハロウィンのお楽しみ会しました。

 これまで 目を輝かせて お菓子につられてやってきた子たちが 皆成長されて
今回は とっても 少人数でしたが それゆえに 手作りチキンカレー と トマト・きゅうり、オニオンのヨーグルトドレッシングサラダで しめくくることが出来ました。

 今年は 夜の円山公園を 走り回りました。 しっかりと お菓子も getできて
カレーもおかわりをしっかりして 満足そうに 帰ってゆく子供たち・・・
日本に 生まれてよかったねぇ・・・ と このなんだかんだ言っても 平和な日本を うまく 調整しながら 維持してっておくれよ・・・と 見送りました。

 

ウッドブラインドを探している方へNews

新品同様の スタイリッシュな ウッドブラインド サイズさえ合えば とても お買い得です。

写真のイメージのもの

① サイズ w1070(幅)H1430 (長さ)小売価格56.200円のものを 25.000円

 

② サイズ w1170(幅)H1310(長さ)小売価格53.000円のものを

20.000円

関心のある方は

011-643-0302 または ibc@sapporo.email.ne.jp まで お問い合わせください。

グレードが高い品物のようで 様になります。

サイズさえ合えば お部屋をかっこ良く仕立ててくれますよ。

私たちは 理由があり 78歳の母の部屋に5日ほど取り付けた後に、違うものにしたのです。なぜかと 申しますと、 母には スタイリッシュすぎた(苦笑)

失敗

気づかれている方もいるかもしれませんが、一度リニューアルしたHPはまた元のさやに戻りました。

18年間 てくてくと一緒に 歩んでまいりました 小林さんのもとに出戻ったのです。

ちょっと これには 理由(ワケ)がありまして、 新しくお願いをしようとしていた相手は 一言でいうと 信用のおけない人であったのです。

それに気づき、 ありゃりゃ どーしよ? と どこかで 自分を また やっちゃったの? オマエはおバカだなねぇ・・・ と呆れている自分がいました。

が、 まず 支払ったお金を返してもらうために

その人物が置いてゆき その会社の名前で営業をしている 名刺に電話をしました。 代表とお話をしました。 その人物は 実際に その会社では働いていることが分かりました。

会社自体が その営業と名乗る人物と同じレベルであることを想定して、半ば諦めながら 事情を伝えてみると その会社の代表は すぐに菓子折りを持ってやってきました。

 

そこで 小林さんも同席してもらい 3者面談。

いつもは 好々爺(?)の 小林さんは そのときばかりは びっくりするほど 攻撃的な姿勢をもって

「これは出るところに出たら 訴訟問題ですよ。そんな従業員をかかえる御社は この問題をどう考えているのか?」と 切り出す。

そして こう続ける

「いいですか? このスクールは 小さいながらも 18年間近く 浮き沈みの激しい 英会話学校という事業を 行ってきて 今回 こういった形で、自分たちの建物に 移転まで果たせたんですよ。 それが なぜだか分かりますか!?」

私と その代表は 目を丸くして 小林さんの次の言葉を ジッと待つ。

「・・・それは!ひとえにですね・・・シブいからですよ(ケチだからですよ)!」

・・・ガクっ! と 代表も 私も 二人でなった。 絶対になった。

顔を真赤にして、「ちょっと・・・! 聞き捨てならないこと言わないでよ 小林さん。 それなりに 支払は まぁ 大盤振る舞いではないけど 無礼のないようにしてきたつもりよ^m^;;」 と タジタジと反撃するわたし。

「まぁ それは 冗談としても こうやって やってこれたのは それなりに 色々なことがありながらも そこから学んで なにかしらの工夫をしながら やってきたわけですよ。それでいながら未だ、このSというような人間の単純な詐欺めいた行為を見抜けなかったのは、まぁ水上さんの甘ちゃん気質は まだまだ 修練が必要ということなのでしょうけれど。しかし、それでもまだ これは 出るところに出たら 訴訟問題になります。 お宅の会社も そんな社員を抱えてと信用問題になりますよ」

一瞬、固まる 代表の顔。

・・・と、そこで 何故か なぜだか わからぬが 私の頭上に 経験値という 糸が降りてきた。

ここは 私も 小林さんと 同じトーンになっては あかんな。

そして 小林さんも  そうさせるために この人 わざと 荒くれた演技をしているな。と 察知した。

そうすると 私の口から こんな言葉が スラスラと出てきたのだ。

「・・・まぁ このSという人にも まだ将来があるのでしょうし・・まだ 30代ってとこでしょ?」

「はい 37くらいになります。 子供も一人います。 子供がいながら こんなことをして オマエは 恥ずかしくないのかと僕も 本当に腹立たしい思いがしてなりません」と 社長。

「 わたしは まず 全額返金を望みます。 ですけれど この人 きっとお金使っちゃったと思うのですよね。 お金に忙しいから こういう行いをしたのでしょうし」

「・・・と、思います」

「 彼からの直接の全額返金を望みますが、 御社全体で この事柄を改めて省みて、どうすることが一番よいのか・・・ 次回 お会いする時まで 決断されてきてください。 もし いよいよになれば 私は こうやって すぐに挨拶に来てくださった 社長の姿勢を信じて 御社の埋め合わせを持った提案というのも 聞こうかとも考えています」

と、 次の面会の約束をして お別れした。

そして いい知らせを持ってきました。と 次のミーティングの時に笑顔で その社長はやってきた。

お金は それから やく一ヶ月して 返戻された。

あの時、 なぜに 天からの声が聞こえてきたのかな? と 回想してみた。

あれは 天からの声ではなく 自分の経験からの声だったのだ。と 思った。

思えば あまり 言いたくはないが ある人間のみみっちい詐欺行為のおかげで 大河ドラマのように続く年月で、精神的、金銭的な損害を受けた経験を40代にしたことがある。

すっかりそれで 人間嫌いになったようなダメージを受けていたようにも感じたが、こういう時に あの苦々しい経験が効いたわけ?と

いいやん・・・ けっこー 得難い経験できたやん。と 初めて おぞましい経験を肯定的に捉えることが このたび あった。

その経験が 私に こういう言葉を とか ああとか 頭で考えさせたのではなく・・・ ある妙な・・・諦め感。 自分を笑っている 半ば なるようにしかならん・・・という あきらめ感 が 自分の 本音とは違う演技めいた言葉を 吐かせたのだと 思う。

でも 本当は 失敗は少ないに越したことはない。

まずは掃除しよう

人の目には ピエロが住んでいるような家に映るかもしれないし。

ごちゃごちゃして掃除しにくそう と思われる方もいると思う。

でも 自分にとっては この空間が 現在のところ 一番落ち着く。

自分は マメで丁寧な暮らしというのは 向いていなく。

あまり きっちりしすぎると 居心地が悪い。

そして 不思議な事に 張り切ってこの部屋のために買ったというものが殆ど無く。 いつのまにか 集まっていたものたちを 一番 伸び伸びしそうな場所に置いている。といった感じがする。

ランプも 旅行をしていて いいな と思うものを その都度 持ち帰ったものたちだし。 家具においては 実家やトンプソンの家から流れてきたもの トンプソンが作ってくれたもの。 ひとりがけのソファは独身時代に買ったものを生地を張り替えて使っている。

そして

秋休み終わりました。

9月の最後の週 今年は思い切って お休みをいただきました。

年間48週を開けるように これまで やってまいりましたが

他校さんに 派遣レッスンの仕事をさせていただくうちに

年間 大体41から43週のオープンで 行われているところが多いのだなぁということがわかってまいり、 今年は 思い切って46週で挑んでみました。 が、^m^ 結局は 忙しくてレッスンをとりづらい個人レッスンの方や 地震で行えなかった分などを 調整しながら 一日 数時間、開けるといった具合で ボチボチとやっておりました。

しかし その中でも  気持ちにゆとりが生まれるせいか したかったことも 出来たり 彼岸のお墓参りにも行けたり お友達と ゆっくりとした時間を持てたり すごく 充実した時間を持つことができました。

夏のお盆休みは トンプソンも 私も 家族 親戚などの行事がまだ重なるときで 忙しなく 終わってしまうのですが

秋の この 時間の静まりに 閑をいただけることは 幸せでした。 ありがとうございました。

また 雪の降り始める 北海道を楽しめるように 皆様も 気力体力 十分 整えられることができますように 応援しております。

 

逸見さん 阿部さんより 作っていただいた ステンドグラス ライトも 自分たちで 配線工事をして つけることもできました。

本当は 電気の配線は プロの頼まなければならないので いけないのですが 自分の家だから いいよね! と 秋のある日に 天井に穴を開けて 天井裏にコードを通すのが 一番 大変だった。

 

あとは 秋の夜長 少し 贅沢な空間で 楽しいひとときを持つこともできました。

整理することは大切なことだったのだ。ったのね・・・

至極 遅い発見だったけど、やっと やっと 分かったのだ。

 

何事も整理のあるところに 成就が宿るのか?・・・ということが。

整理整頓のできている家に幸せが訪れるということは 風水からなる考え方や 近頃の(ちょっとやり過ぎな感もあるが)断捨離考でも 何度も 唱えられている。

料理も 段取り、片付け、手順の整った仕事から 美味いものが生まれるとは 一流のお店や 人気のラーメン屋でも 感激の味に舌鼓をうった時に実感のできること。

衣服も 庭も いや 人間関係だって 挙句の果てには 男と女の関係でさえも 混沌とした中に 整理を求めている人と 求めていない人とでは、何か 微妙なニュアンスでも 出来栄えが違うのではないか??? と 思い始めていたところに・・・

最近になって やっと 勉強というものに 向き合うようになったわたくしですが・・・ 勉強っていうものも そうなんか?・・・と かつて知ることのなかった感触にたどり着いたのだ。 きっと 多くの人達が 高校生くらいでわかることを 50になって やっと気づいたこの感動・・・。

なんだ? なんなんだ?と、結果も出していないというのに 大きく語れないけれど 勉強って きっと その人のやり方で 詰め込み型でも スイスイ暗記型でも マイペース型でも ちょっと苦しみながら自分に合う方法を追求してゆくのが 勉強なのかな・・・と考える。

しかし どの型でも 共通してせねばならぬことが 一つある。

それは 勉強してきたことの 整理をしてみる。ということなのか?

これの 上手い人が 結果を出す。 ってことなのか?

言い換えると 整理をしようとすることは、それまで 積み上げてきたものがなければ出来ない。 何もない な〜〜〜んにもないところに 整理という作業は ありえないのだ。

恋愛も 心の整理 情の整理をできるところまで辿りつけた人は 彩りの多い生き方をされてお幸せでしたね・・・となれるが、まかり間違うと 痴情のもつれで事件に巻き込まれてしまった場合だってあるのだ。

衣服の整理も ある程度の 紆余曲折がなければ コーディネートに深みはでないような気もするし。

やはり 積み重ね ある程度の 分量まで到達することはマストでありながらも その中で 見直し 混み合っていたものを ひとまず 整理する大切さは どの分野にもあるのかもしれない。

自立 Self-reliance

皆さま 地震大変でした。

さらに震災にあった方々へは心よりのお見舞いを申し上げます。

今回の地震は エピセンター震源地がどれだけの破壊力を持っているのかを 私たちでさえも身の引き締まる規模の地震であったと、思います。

電気を使えなくなり ご近所単位で助け合った方々も多かった札幌市 自分たちの出来ることはないか? と 意識して動かれていた方々本当に頭が下がりました。 お疲れ様でした。

自分で立つということは このレベルから 昔の人達は訓練されて生きてきたのだ・・・と 想像をしてしまいました。

水を確保する。大切につかう。火をおこす。朝は早く起きて日が暮れるとともにやすむ。

昔の人達は その生活をじゅんぐりと行って。精神もそのように培われてきたのかなぁ。 そんな生活の中での暮らしは 心の贅肉も少なかったと思う。