それでいいのだ・・・

不気味な画像はこれ、先週庭の大木の根本だけが残っているのを、トンプソンと二人で取り除いていた時に 死んだ木の中から うわッと出てきた代物たち。 キャー!!なにこれ!と 大きく後ずさりしたものの・・・あれ? これって 昔 O太郎君がスクールに公園から拾ってもってきたあの幼虫と一緒じゃないか? ということは これは いずれはクワガタにかえる幼虫だよ。 ・・・と しばし冷静になる。

幼稚園児だった彼も もはや 中学校3年生。 もうクワガタ捕まえて嬉しがるような年でもないとは思うけれど。 喜ぶんじゃないか?・・・と、とっておいた。

で、写真で送って いる? と聞いたら、丁重に 「もとの場所に優しく戻しておいてあげてください」と大人な返事が返ってきた。

虫の死骸や あんな気持ちの悪いものをスクールに持って来ては私に怒られ。そしてレッスンも集中できず・・・ 落ち着かず。時にはネイティブの講師から 私も悩み相談を受けたりしていた あのO太郎が・・・ なんだかの学校以外の模試テストで英語の順位が2位になったと 先月その結果を嬉しそうにみせてくれた。

数学 国語 英語の 3つの数値があの 円で表わされていて、あまりにも 国語と数学の数値が英語と比べて ひっこんでいるから 「これ まずいじゃないの?O太郎?」と私が尋ねると。

「違うのこれ。数学と国語は平均点以上とれているの。でも 英語があまりにも点数高いからこうなってみえるだけ」と言う。

「へええ。すごいじゃないの キミ」と私、驚きながら じゃ やるか と演習を始める。・・・で

この 数年間 変わらず 一徹していることは 彼は まず ノートもとらない。演習とか もう スピードがありすぎて 字も書かない。というか書けない。

最初は 書きなさい~~~! と やっていたけれど。 ある時から 私は 悟った。

これが 彼のやり方なのだ。と。

そして 例えば、 Y君が じっくりとじっくりと 問題を読みながら 点数につなげていくタイプだとすると このO太郎君は 瞬発的に答えが頭の中に閃かないと もう そこで ストップ。 それから 思考が止まる。消去法とか こうではないか? とか 攻略とか あまり彼には関係ない。けれど すごい ものが天から降りてきたように いい訳をしたり、解答率が高くいくようになってくると もう 水がなみなみと漲っている。という状態になっているということ。

だから 彼との演習は とにかく スピードをもってリズムをつけて 彼の閃きを促していくといったことにしている。

字を書けとか もっと考える力を養いなさいとか そんなことより数をこなして 彼の頭の中にごっちゃごちゃとあちこちに乱雑に溜まったものが 噴火していく様子。 整理して 字をきれいに書いて 構築して とか そんなやり方は彼には 当てはまらないんだな。・・・と 思うようになった時と 彼の成長時期が重なったのか・・・すごいことに いま なっている。

そんな風になっているというのに 私の中では いつまでも こんな幼虫を追いかけていたO太郎のままでいたのだから 笑ってしまう。

やさしく元のところに返しておいてあげてください。・・・か なんだか この私が 諭されてしまったような気持ちになった。

9年 およそ10年単位

10年間 A decade

このたび2022年を通して実用英語検定試験2級に合格された多くの中学生たちが、Thompson Internationalでおおよそ10年近く英語に触れていることに、感慨深いものがありました。

 

お母さんたちに 通い続けることの出来たお子さんを褒めてあげてください。と、伝えながら

9年~10年という単位を考えてみました。

一週間に一度で計算して 時間にすると 432時間から480時間ほど。休むことはあっても おおよそ そんなところ・・・

一週間に一回だなんて 何もなんないよ。という言葉もある一方で およそ10年を味方にしたら何ものかになるのだ。と、身をもって確信した出来事でした。

速攻で結果を出す方法では決してありませんが、自分たちがこのアプローチをとっている以上、出来るだけ長いスパンで通い続けられるそんなスクールにするのが自分たちの仕事。と、思うのなら

7年以上続けられる子たちが現在、5名に1名だとしたら それを なんとか2名まで伸ばしたい。と心が逸るのです。

そこをどうやっていくか・・・ 自分たちがもっと 目配りのきく人間にならなければ・・・と、途中でやめていかれた子たちは きっとどこかで 英語を続けていると信じながら そして 偶然にも私たちのスクールに通い続けてくれ、結果を出してきている 9年生たちに 心からおめでとう。 コロナの時も色々とあったね 本当に時間を共有してくれたことに感謝しています。これからもっと逞しい力をつけてここを旅立っていってください。応援しています。

 

スクールを始めて、今年で22年目を迎えることになる。

一日は アッ!という間に終わり、一年も 瞬く間に過ぎ去り、でも22年という束の数になると、ひと昔もふた昔も前に感じる そんな年月です。

先日、休みの日に、ずっとThompson Internationalへ通い続けてくれたHちゃんが お母さんのMさんと自宅へ遊びに来てくださいました。

長い年月の間に、お母さんであるMさんとは心温まる交流をいただけて本当にありがとうございます。

思えば スクールを始めて当初は、仕事とプライベートは一線をひいて。などと意気込んでいましたし、もちろんいまでも、馴れ合いには私たちの立場からして、ご利用いただく方々にご迷惑になるので心して控えております。

けれど、長い年月の中で自然に繋がりをいただける方々に、頑なに 四角四面に 構えるのも 愚かしいのではないか? と あるときから肩肘張るのを 自然に おろしたような気がします。

いつの頃からだったのでしょうか・・・

いつの時も 永遠ではなく 一期一会なのかもしれないし でも こうやって 世界の中の日本国 札幌市という小さなところで 偶然に出会い、また その中でも 波長がよりそえあえる人だなんて 極々わずかなことだと思います。

Mさんの、ユーモアのセンス。そして包み込むような気づかいの優しさ。その中にも凛とした自分を持っていて。

小学校の頃泣きながらスクールに来ていたあのHちゃんも 25歳になるというのだから・・・月日は 光陰矢の如し 光の中で 私たちは生きているんかいな と思うほど 速すぎます。

みずほ銀行で働く彼女のお給料で美味しいお菓子と お土産と Mさんらしい可愛らしい花束が 我が家を彩ってくれました。

ありがとうございます。

Thompson Internationalの猫をかわいがってくださった皆様へ

大切な相手を、最愛なるご家族を亡くされることは、苦しみ悲しみの極みであるはず。

そんな思いをしている方の前で、ペットが動物が亡くなったということで狼狽えるのは、どんな様に映るのだろうか。と、恐縮しながら・・・

Thompson Internationalの生徒さんたちに大変かわいがってもらっていました、母の愛猫 タビが、満6才で16日の早朝(おそらく午前3時くらい)に、突然死で逝きました。

母の電話で早朝たたき起こされ、顔も洗わず吹っ飛んで駆け付けたときは、まだ床が少し暖かく、体も硬直していなかったので また生き返るのではないか?というくらい安らかできれいな死に顔でした。苦しまなかったんだなぁ・・・と唯一それだけが突然の別れの中の希望でした。

当日中に火葬をしてもらい、お骨と一緒に帰ってきました。

皆さんには大変 かわいがってもらい ありがとうございました。

あっぱれなほど、多くの人にかわいがってもらうため、愛されるため、辛いことをしないのみの為に生まれてきたような、彼のその役目終わり。と・・・苦しまずに、虹を渡って逝ってしまいました。

残された私たちはあまりにも突然すぎて、驚いていると同時に、大した奴だなぁ・・・と 涙のむこうに彼の姿を探しています。

その涙で滲み、ゆがんだ先で、時の流れは刻々と動き、ただただ川の流れのように前へと進んでゆき、人の死も動物の死も・・・飲み込んでゆく、川の流れよりも早い時間の粒子の中にただただ消えてゆくような・・・そんなように一作日中は、感じていました。

人は、いえきっと、動物も役割を持って生まれてくるとよく、言います。

歴史上に名前を残さないような市井の人々や動物たちは、生まれ、子を産めるのなら子孫を残し、食べて、人間なら年の順番に死にゆくものを看取り、死んでゆくだけなのかもしれません。

生きている者には その役割が、つとめがある。・・・から、そのおつとめの間に、せいぜい せいぜい 楽しいことを見出して生きようとするのかもしれません。

食べることが大好きで、人間が大好きで、甘え、愛されることが大好きだったタビは、生きるというつとめの中で、彼の楽しいことを全うできた幸せな猫だったのだなぁ・・・と信じたい思いでいます。

みなさん、かわいがっていただき、大変ありがとうございました。

 

The 20th Anniversary

そういえば、今年はThompson Internationalを、店舗というか教室そのものを構えてから20年を迎えていたのだ。った、ということを先週の水曜日9月7日の朝の電話で、思い出すことが出来た。

朝11時頃、一本の電話が鳴った。若い女性の声が元気よく「私、****と申しますが」とフルネームを聞いたと同時に、私は「あら!Sちゃん??」と叫んでいた。

電話の向こうで、覚えてくれているんですか?と驚く声が。

その声の持ち主は、私たちがスクールを立ち上げたばかりの頃に、子供さんの方はまったく経験がないというのに、親御さんのご理解と彼女の利発さのおかげで、私たちも楽しく彼女との時間を刻むことが出来た、そんな特別な経験の出来た子のものでした。

それはいまから約20年前から15年前までのこと。

大きな企業にお勤めの父上の転勤で、15年前に一家は神戸へと引っ越しをされた。

この15年の間、彼女が高校生だった時に、マレーシアに留学(留学費用は奨学金)という嬉しいニュースを知らせてくれたり。 ああ、英語頑張っているんだなSちゃん。と私たちの心の支えでもあったSちゃん。いつも忘れることはなかった。

「嬉しいです!憶えていてくれて。実はいま、北海道を一人で旅行していてそちらに、今日、伺いたいんですけれどお時間はありますか?」

「わ!嬉しい では3時半くらいいかが?」

と、3時半に彼女は現れた。

背がすごく高くなってはいるけれど、あのままのSちゃんが 颯爽と歩いてくる。

Tシャツにジーンズ。飾らないその姿は、あの夏になると真っ黒に日に焼けてお母さんと円山に毎朝登り、バードウォッチングをしていたSちゃん、そのままだった。

彼女は、その頃から動物の先生になりたい。と言っていたのを私は記憶していた。

彼女は23歳になっているはずだった。 23歳でこの時期に旅行とはおそらく働いていないのだから、きっと大学院かな。と私は いま 大学院かなにか・・・?と聞きそうになった時、彼女は いま鹿児島大学の獣医学部に行っています。と、 あ だからか! と 私。 獣医さんの学校も6年間 行くのですよね。

それからつもる話もたくさんあり。いそいそとトンプソンも戻ってきて、彼女と英語で積もる話をたくさんたくさんできて、そのうち、いまのThompson Internationalに来てくれている あの当時のSちゃんのような子たちが集まってきて、ある子などSちゃんのことをずっと外国で暮らしている人と思うほど、英語が本当に自由自在に操れて、私は、Sちゃんに、神戸にはいい学校もたくさんあっただろうから、良かったねぇSちゃん。と、言いましたら。 Sちゃんは、いえ神戸ではなかなか自分と合う英語スクールがみつからなかったんです。ですので、英語は本当にこちらだけが自分の基本を作ってくれたところでした。こちらに来れたこと、自分では本当に良かったと思っています。発音と 英語が好きという心を持てた。それが自分の強みでした。

私は感動をしてしまい。 この 小さな学校を続けてこられて良かった。と その時、自分の20周年記念が出来ました。

続けてこれて良かった。と 身が震えるほど嬉しかった瞬間は、この時のそれが初めてでした。

私たちのしたかったこと、心のどこかで願い続けていたことを、彼女が 日本の西側に行き、実現して生きている。輝いて暮らしている。

私たちは、習いにおみえになる方々をネイティブ並みのスピーカーにするというような魔法は持っていなく。また、そんなことを謳うことは自分たちは無理なことも知っている。

だけれど、羽ばたいてゆく人たちの飛び立つ土台をつくることには精一杯の力を注げたら嬉しいと思っています。

嬉しそうな顔をしている私を みて、いま10歳のK君が、Sちゃんのことを 「あ 僕の完成形だね」と面白いことを言うから、皆で大笑いをして

そのうち 準1級目指して頑張っているK君がやってきて、K君は 真っ黒に日に焼けているSちゃんをどうしても日本に住んでいる人と認められないようで、「あちらでも頑張ってくださいね」などと、とんちんかんなことを言っているし。

とても楽しい時間を持ってきてくれたSちゃんに感謝。

あと もう少しだけ、Thompson Internationalは頑張ってみます。

あと5年と思っていたけれど、10年・・・ と思えるような そんな元気をもらいました。

ありがとう。

さて! いま こちら QRコードでクリックして手続きいただけると、無料30分実用英語検定査定レッスンが出来ます。

未来のSちゃん お待ちしています。

10月の実用英語検定に向けて

Thompson Internationalで実用英語検定の準備を重ねている子たちも、10月にむけて模試をしたりと夏の終わりとテストに向けてのベクトルが重なってまいりました。

現在準1級を受けようという生徒さんが4名。

2級は5名。

そして 3級、4級 5級と 小学生たち挑戦すると。嬉しいことです。

この実用英語検定の試験対策を受け持つようになり、私自身も勉強をさせてもらうことが出来、世界が広がりました。

言葉というのは、面白いな。と、他の言葉を学ぶことにより日本語も少し語彙が増えてくるように思えてなりません。

2級を乗り越えたとき、学生さんたちは本当に、嬉しい表情をされます。

やはり2級というのが一つの関門なのかもしれないです。

そこを本当の力。確かな実力があって合格される子は、必ず 次に進むと言います。

2022年に準1級に挑戦したい。と 一生懸命に汗をかきかき勉強を重ねていっている子が4名も今年はいるんだ。と思った時。

私は 思いました。 この4名を来年は4名より多く。そして いつか 自分が教えるチャンスのあった子たちのほとんどに、この世界をみせてあげたいな。と思います。

勉強の嫌いだった自分が、いつの日からか机に向かうことの好きなおばさんになりました。

昨日よりもひとつましになっていることだけが 唯一、自分を慰めてくれ、そして不安を忘れられる方法だと知った時からです。

それまでは、残念ながら、学生の頃(いま、英検で頭に汗をかいて頑張っている皆さんと同じ年の頃)は、人にどう思われるか。あの学校に入れたらどうなのだろうか。とか そんなことだけに始終して、机に向かっていたような、そんな・・・ 学生だったと思います。

もちろん、競争の中で、皆さんには時間の制限があるのですから・・・私のようにのんべんだらりと、試験に挑むわけにはいきませんが。

英語の世界を広げてゆくことで、その世界が 歴史につながり、そして自国語につながり、色々なことに興味を持てる時間を、楽しんでゆきましょう。

英語に悩んでいるような そんな 中学生、高校生 いえいえ 大人の方も、声をかけてください。

いま、英検の無料トライアル実施中です。下記リンクを通して申込みいただけると

ツクツクさんのポイントが貯まります!

https://home.tsuku2.jp/merumaga_register.php?mlscd=0000201699

お申し込みは お電話か、メイルでお待ちしています。

mailto:ti.hokkaido@gmail.com

tel:0116430302《水上》

Thompson International Summer Festival

小学生向けの フェスタになります。

Thompson Internationalで 7月29日 12時から14時まで 2時間の催しがあります。

当日は バーベキュースタイル(雨でないことを祈りながら・・・雨でも庇のあるところで炭をおこし)の

ホットドッグ 🌭

手作りコールスロー

ジュースを楽しんで。

集まりのテーマは、ファーストフード店でのオーダーの仕方。

全世界どこへ行っても ファーストフード店で速やかにクールにオーダー出来て、お父さんお母さんがいなくても大丈夫。と、そんなフレーズをGetしてください。

まず Thompson Internationalのメンバーとそのお友達を集ってから・・・と

発表が遅くなりました。

日程:2022年7月29日金曜日

時間:12:00~14:00

場所:Thompson International(中央区北1条西28丁目4-18)

費用:2.000円

ご希望の方は まずお電話をお待ちしています。

09075168153(担当水上)

ご予約締め切りは7月23日です。

 

庭師さん

先日、庭の樹木を移転先に移植しました。

その際に庭師さんたちのお仕事ぶりをみて、えらく感動しました。

カッコいいです。 力仕事、繊細な配慮、ダイナミックな動きと樹木に対する優しさ。プロ意識の高さ。

世の中にはたくさんのお仕事があることが大人になるにつれてわかってきます。

たくさんの仕事、仕事に誇りをもって働く方たち。

話術に自信のある人。体力に自信のある人。集中力に自信のある人。感覚、感性、もろもろの能力でそれぞれが本当にそれぞれが生活を立てられる社会が健康な社会なんだと思います。

こんな風にぼんやりと生きていても長く生きてると・・・ 男たちの社会、いえ人間社会は私の知っている小さな世界なので大きな官僚、上層社会は知りませんが、やはり人間は繋がりの中でしか食い扶持を生み出すことは出来ないのだ。ということです。

庭師さんたちに声をかけ、予定を組み配置やデザインなどを考える人は色々な折衝を行っていかなければなりません。その窓口には折衝力もまた、感じの良さも求められ、そういった人間のいざこざ、面倒なトラブルも請け合う。それが仕事であり、庭師さんたちは一切の人間のあいだのことを気にせず仕事に没頭できる。

その歯車がうまくいくと、その依頼者からのみではなく、その現場にいた誰か(例えば、新築家屋に移植であればその工事現場の人など)にも好印象が残り、次の仕事につながる。

だから窓口はあくまでも感じよい方が良いわけで。かといって庭師さんたちはにこにこしていても力仕事に精を出しているのだから愛想振りまくわけにもいかない。

大きなお金の動くところへの嗅覚が発達している人は、いつのまにかそういった人脈の中に加わり札幌の土地開発のようなことに関わってられるし。

人にはそれぞれの自分に合う型でお金を得てゆくことしかできないのだろうな・・・とつくづく思います。

それでよいのだと思います。 大きなお金の動く様が好きな人は、違法でない限り、自分の好みに合ったお金儲けをすることが良いはずで。でも、それが皆が皆に当てはまるはずはないのです。

自分の仕事に誇りをもって取り組んでいる人は、実に輝いていますね。

わたしは はたと・・・思いました。私に出来ることはなんだろうか・・・。

英語をもっと掘り下げて、プロ意識をもって取り組まないとと 省みました。

 

 

英語でクッキング:Baking the cookies in English

26日の日に 女の子たちと英語を交えてクッキーを焼きました。

この年頃は、自分でも記憶にありますが、お菓子を焼いたりすることが好きな子多いですね。

小学生の中学年まで、火曜日に全員集合になってしまい、振替でご利用できるクラスがない状況に、コロナが始まって以来あるのです。

そのために、時折になりますが女の子たちのクッキングを交えて特別な時間を設けています。

次回は夏休みの間にハンバーガーとフレンチフライを作ってみましょう。

私の作るフレンチフライはいったん茹ででから揚げてゆくもので、自分でもいうのはなんですが美味しいですよ^0^。

楽しみにしていてください。

さて スクールは4月29日(金)より5月5日(木)までGW休暇となります。

6日(金)よりお待ちしています!

Thompson International

 

お雛様と 花束と

この季節 英検合格のニュースも届き、また 合格に伴う 花束などいただいたりして・・・

雪雲の暗い一日の中に❤️ポッ と 暖かな色をいただきました。

英検 確かに2級を合格するのは 教わる方も 教えさせてもらう方も やった感があります。

この勉強の過程に 実り多きものもありますし。 そして 手前味噌ですが

Thompson Internaitonalで コツコツコツコツ 2級くらいまで積み上げてきた子たちは そこで終わりではなく 必ず 準1に進もうとしてくれることです。 また 試しに問題を解いてみて 本人たちは これはいけるかも・・・と感じるようです。 それだけ のりしろが多い状態で 通過しているということだと思います。

私も 準一級くらいになると 教えさせてもらうのに 用意する中で自分の力がつき、本当にありがたいです。

この春 どんな子たちがやってきてくれるのかな・・・と 楽しみにしています。

あと どのくらいThompson Internationalを続けられるのかと 最近ぼんやり考えることがあるのですが

この2月でちょうど20年経ちました。 あと 10年くらい 多くの学生さんが 多くの力をつけて、大きな世界へ 自分を信じる力をもって飛び立ってゆくことや 大人の方への英語のお役に立てることに関わってゆけたら本望です。