実力 

一人の人として実力を持っている人って、いいなぁ。と、心より思う。

人を使いこなしてお金儲けがうまい。と言われる人よりも、 ある時 ある日から 私の興味は いや 私の憧れは そちらの方へ向くようになった。

 

なぜなのだろうか。

 

実にシンプルなことで。 そうしている人の方が、安定していて そして やさしくて 楽しそうだからだ。

自分の得意なことをし、躍起に ワクワクと楽しみながら すごい仕事に結果としてなり、お金がついてきている人たちも中にいたりはするけれど。 基本は 今日一日の 仕事をしながら 実力もまた磨きつつ 今夜の飯と酒がうまい。くらいの 生活リズムをもって仕事に取り組むこと・・・と それが理想です。

このお彼岸の連休に、もう 実家のない室蘭へと 一泊でお墓参りに行ってきました。

普段は日帰りなのに 今回は 友達 そして お世話になった方にも挨拶をできたらと 計4名の人たちと再会するにあたり 夜の会食も予定に組み込むことに。 Go toキャンペーンも利用しながらのプチ故郷帰り。

夜の食事に指定されたレストランは、室蘭市をご存知の方ならピンと来るかもしれないが、生活保護区という名称もとるような地区の片隅にあった。

街灯の少ない夜道を歩きながら 私は失礼ながらも こう呟いた。

「Tちゃんさぁ 隠れ家的といえば聞こえはいいけれど・・・ 果たして こんな立地条件の悪い場所でやれるレストランって 存在するものなの?」と。

不安げにたどり着いた先の、暗闇の中で ぼぅっと灯りのついているその店は いかにも 美味しそうな空気を漂わせていた。

え? これって・・・ なんか期待できるのじゃない?・・・と ピンときた。

と 入った店内は 美味しいものが出てくるに違いない。と いうような匂いと そして 計算された寸法でインテリアが整えられていた。 無駄のないレイアウト。これは すごいことだ。と 席に着く。

シャンパンで始まり 3人で一本白ワインを 考え抜かれた構成と技術の料理で 楽しく開けさてもらった。

その夜は私たち3名の貸し切りだったので、店主から色々なお話をきけた。

札幌で 30年以上 有名店でシェフとして責任ある仕事をし、お店を一軒持った後、父親が倒れたことをきっかけに 一年弱前に自宅の一階を改装し、自分で作った料理を、自分一人で出せるカウンター6席のみのこういった店を持ちました。とのこと。

これだけの料理は 正直 札幌でもなかなか おめにかかれないというようなものを 人口数万人程度の、これまたその室蘭市でも えらくロケーションの悪い場所で  本物の存在をしっかりと意識しながら腕によりをかけて仕込みをしている店がこの世界に存在したのだ。

テレビ番組が喜びそうな 絵図だよこれは。と不思議な時空の中に私はその夜、いた。

人を酔わせるだけの力を持つ料理人が、この小さな町の これまた 決して好条件とはいえない街角で店を開こうとするのに かかった時間、偶然に それに巡り合えた幸運に感謝しながら 私たちは 楽しいひと時を持てた。

お彼岸の 祖先のお墓参り。

ご先祖様が ニヤリと笑いながら ちょっといたずら心をしかけてくるようなそんな出来事も もう一つあった。

それは ここでは書けないけれど。

ここ 最近 心より思うことがあって なんか こう ちょっと あちら側にいる誰かが 茶目っ気を出して 自分を試すような出来事って あるもんだなぁ。と 思ったりしている。

東室蘭に行かれる方がいらしたら こちらの お店 お勧めです。

ぜひ。

A big homework was done.

この夏の大きな課題。 昭和初期のアンティークと呼ぶと聞こえはよいものの。見る人によっては ただのこ汚い棚としか映らなかった食器棚にヤスリをかけて、ペンキを塗りなおしました。もちろん主導はトンプソンでしたが 二人がかりでの作業です。

とても 大変でしたが へとへとになった体で見上げた奇麗にお化粧された棚の上には、もう少し優しさを込めて食器を置いてみようかと、トンプソンの実家から送られてきたものの中に 大量のリネンがあったことを思い出し。

洗濯しアイロンをかけて それらを夫々に合うお皿の下に敷きました。

少し優しさが空間の中に生まれました。

トンプソンの母親はとてもエレガントな女性だったのですが、彼女はきっとこういう気持ちで物を扱っていたのかな。とか、思い描きながらお皿を置いてみました。

私のする仕事には 常に雑味が残ってしまうのですが。 それは それなりに 義母を意識して作業をしてみました。

これまでとはちょっと 違う風合いになったかと・・・これを維持出来たら良いのですがね。

義母は 人からいただいた もしやすると 趣味の合わないものでも その方が誠意をもってくださった気持ちの入ったものなら 美しく飾ろう 大切にしようと 工夫するような人でした。物だけではなく生き物に対しても 優しさを添える姿はエレガントなんだなぁと 教えてくれた彼女に感謝です。

もう少し 色々なことをお話ししたかったと・・・・ 彼女が亡くなってから 意を決して勉強をし始めるような そんな後悔を 持ちながら それでも いつも 彼女のことを思って 暮らしている毎日です。

お知らせ

スクールは8月8日より17日まで 夏休みとなります。後期レッスンは8月18日(火曜日)よりスタートします。

いつもなら 夏休みでも お子さんたちへ 夏期講習として外へ向けても 開いていることが ここ数年続いていましたが、今年は おそらく 夏休み返上でいるなかに このせっかく学校からも解放される数日を 勉強にあてるよりも 夏のキャンプ 夏の海風 夏の空気を存分に吸収してくださいね♪

ところで

サイト先より連絡があり、Thompson Internationalを推薦くださったようです。

【知らない人が多い..】北海道(札幌・函館)でおすすめの英会話教室20選を一挙大公開!

ありがたいことです。

それにしても 札幌は大変多くの英語関係のスクールがあるんですねぇ。

そして 価格帯も 多様なようです。

私たちは ここで ご縁のある一人でも多くの方に 満足いただけるように 努めるだけなのですが。

 

 

Multi Purpose Detergent

Multi purpose detergent 多目的用洗剤: 衣服を洗うのは使いませぬが、 ホワイトビネガー と 水を 半々の割合に 私はゼラニウムのエッセンスオイルを 100CC:100CC 合計 ワンカップというくらいなら そこに そうだなぁ 20滴くらい入れるかな。きつく感じる人は も少し減らして。

これ 気を付けて欲しいのが 必ずホワイトビネガーにしてください。 以前ホワイトビネガーの代わりに 米酢を使ったら えらい言われようでした^m^;。

このコロナ発生以来、ずっと火曜日に手伝いに来てくれていたMさんも 収まるまで 少し家で じっとしているようにと ご主人からの指示があったらしく これなくなってしまいました。・・・となると スクールのお掃除は この わたくしの役目。

そうなって 作り始めたのが この上記の割合の 多目的用洗剤です。

もちろん本に書いてあって。あ。これ良さそう・・・と シャカシャカ作って 使用してみると なんともはや 清々しい気持ちにさせてくれるし。なんといっても 手荒れの心配がない。

お寿司屋さんの手が何故にあんなにきれいかというと お酢のおかげもあると聞いたことがあります。

上記の洗剤、だまされたと思って 手荒れに苦しんでいるような方には 大のお勧めです。

スクールの お掃除は週に一回。掃除機をかけて 徹底的に水拭きしてゆきます。水拭きの時に この洗剤を雑巾にスプレーして 拭き掃除をすると 汚れもキリっととれるし、エッセンシャルオイル ゼラニウムの華やかで爽やかな香りに包まれて なんとも Happyな気持ちになります。

ゼラニウムでなくても ローズマリーでも グレープフルーツでもお好きな香りで。

強い洗浄力の化学合成洗剤を使っても ビクともしない手肌の人でも あの類は いつか 手をぼろぼろにしてしまうよーな・・・気がするのですが。

お酢を使ったこの 洗剤は 肌を傷めずに また 家具も 木目も傷めずに きれいにしてくれるなぁ と 掃除するのも楽しくなる優れもの。

ちなみに ホワイトビネガーは お値段がするのが悩みどころですが 大手スーパーよりも 札幌円山地区にお住まいなら あまり教えたくはないですが スーパースギハラさんの あの 輸入コーナーに 少し手ごろな価格で売ってるようです。

男の色気

この年になって はっきりと分かったことがありました。

男性の色気。というのは ふとした優しさから滲み出るのだと。

モテる男の第一条件とかいうのに、優しい人。というのが どうも 今一歩 理解できずにいたし、いまでも 優しいだけの男なんて 何にも魅力ないじゃないか。と、思ってもいますが。

仕事の出来る男の人が ふとした瞬間にみせる思いやり。とか、自分の弱さを十分に承知したうえでみせる勇気ある優しさ。とか。 優柔不断さと優しさは違うけれど

モテる男の人は きっと この色気があるんだろうなぁ と なるほど。と 思います。

この 狙わない素質は 本当にその人の持ったものなんでしょうね。

女の色気って じゃあ なんなんだろうか? と 問われると いまだにわかりません。 わかれば もっと楽しい人生送ってます。はい。

 

テストクイズ

英語クイズのテスト中です。

 

14
Created on By thompsongeoffrey

テストクイズ

問題を読んで、答えを次の中から選んでください

1 / 2

皆様にご案内します。あと10分ほどでホテルに到着します。

2 / 2

Where should I get off for Hokkaido Shrine? 北海道神宮に行くにはどこで降りればいいのですか?

と 札幌市東西線に乗っている時に聞かれました。さて! あなたならこの3つの中から どれが 自然に思えます?

Your score is

The average score is 39%

0%

やり直したい方はこちら

積丹ブルー

積丹 神威岬 美国町へ一泊 癒しの旅へ行ってきました。

積丹ブルーが 美しかったです。 鳥も嬉しそうに鳴いていました。

私たちも 嬉しそうな鳥の気持ちそのものになりました。

楽しかったです。

 

 

整形手術

大きなため息で 「整形・・・って する価値あるものなのだろうか・・・」と呟くと。

「やめときなさい。 一か所じゃ済まなくなるから」と家人に窘められる。

どーゆーことよ?と、一瞬ムッとするけれど そうかもなぁと納得できるほど

一か所ではすまなくなるもの。 って 整形と家の修繕工事なのね。と、つくづくと思う。

神の創造で アインシュタインの “ I cannot believe that God plays dice with the cosomos”  「私には、神が宇宙を相手にサイコロを振ると信じることができない」 という言葉はあまりにも有名ですが・・・

神様の不公平・・意地悪。と、思うことが世の中たくさんありすぎて・・・それも 神のお考えなら・・・僕である自分も受け入れましょう・・・(涙)というくらい 世の中というのは不公平にデザインされている・・・その最たるものが顔の造作だと・・・また 大きなため息が。年月は全ての人に平等に訪れる。とはいえ、先輩の友達をみても やはり 美人は 年とっても美人だ。と 思う。

Thompson Internationalに小学生くらいから習いに来て 高校もずっとやってきてくれて 今年 慶應義塾大学に一般入試枠で合格したという 勉強が得意なHちゃんという子がおりました。英検準1級の試験まで 試験に落ちるということを知らずにいるような子で、準1級の試験後に 「水上シャン(彼女がさんというといつもシャンというように聞こえました)、今回 準1級落ちたかもしれない」と涙声で悲壮な顔で訴えるのです。私は 「いいっしょ これまで落ちるということを知らずにやってきて 高校1年生で準1級受けられる子なんて そんないないよ。それだけですごいんだから 何もそんなに悲観的になることないっしょや」と、ぼんやりと受け応えると。

「何を言っているんですか 水上シャン! いいですか! よく聞いてくださいよ。私の行っている学校に(札幌の超進学校)ですね。私の 大っ嫌い!な女の子のグループがいるんですよ。その子たちがですね 今回2級を受けているんですよ。で、きっと 受かるんですよ。そうするとですよっ! そうすると 今回、私が準1を落ちてしまうとすると、次は あの子たちと私は 同じ土俵に立つ!ということなんですよ。・・・・そんな そんな屈辱に・・・自分は耐えられないっ・・」 と、本気の表情で泣く素振りをみせたりする よーな 面白い子でした。

ある日 勉強の合間の雑談でまた、吹き出すような こんなことを言うのです。

「わたしは、顔とか 女であることとか そんな 頼りにならないものをあてにするよりも、勉強 自分の能力を高めることにしたい。 見た目とかそんなのは いつでも 風化してゆくけれど 勉強は自分を裏切らないものの一つだから」 と 高校2年生くらいの時に そんなことを語って聞かせてくれる まぁ なんともボキャ数の多い子でした。

私は そんな彼女の語りに 「Hはさぁ、自分が頑張った分 応えてくれる 頭をもって生まれたから よかったね・・・その幸運に感謝しなよ。 自分がこれだ と思うものを信じて 投じてゆけるものを 持てた幸せ。それを皆が持てるものではないんだからさ・・・」と 言えるだけでしたが。

これから 彼女は念願だった大学へ行き、そして 社会へ出て、きっと 競争の中で打ち勝ってゆくそんな人生を歩んでゆくのでしょう。

大学合格の報告の電話を切りながら

彼女を待っている人生は どういうものなのか ということを 思ったときに、そこに やはり 神の存在があって欲しいな・・・と 彼女が大好きだからこそ 私は なぜか そう願ったのでした。

自分の顔の造作には 神などいるものか と 思うくせに。

彼女のこれからの人生には 神の計らいが うまく うまく 存在しますように。と願うのですから 矛盾していますよね。

神様は その人のいいように 計らってくれる。

賢さと愚かさの間にある違いは、賢さには限界があることだ” これも 賢者の王者 アインシュタインさんの言葉らしいです。

勉強は自分を裏切らない。と 言った 17歳が どんな34歳になってゆくのか 15年後の あなたにとても興味がある 水上シャンは もしかしたら もうこの世にいないかもしれませんが、 いつか きっと あなたなら 上記の境地に立てるのではないでしょうか。そのときには 愚かさの中でしか学べないような 水上シャンのような人に色々なことを 面白おかしく 話して聞かせてください。

自分が持てた能力に心から感謝して人のために還元できる 人を勇気づけられる そんな人になっていて欲しいなぁ。と、蔭ながら応援しています。

そうだ 顔の造作も 人を幸せにできるレベルになって 初めて 価値があり、輝くものなのだから・・・

頭の良い人は 頭の良さで 人を幸せにしてあげてください。

よろしく頼みます。

お客様

お客様は神様です。と、三波春夫さんは歌っていた。が、ほんとーにそうだと思って歌っていたのなら、あなたはえらい。と思う。

自分もじゅうぶんにおばさんだが、私は 勇気を出して言ってしまうと、お店の店員さん相手に、買いもしないくせにだらだらと話し続けるおばさんが大嫌いである。付け加えると 後からお客さんが来てもおかまいなく我が物顔で 独占状態を、ものともしないような人のようにはなりたくないなぁ。と いう目でついつい、みてしまう。

で、 これはかなり偏見もあるかもしれないが そういう人の多くは 自分を素敵だと信じているタイプの中高年に多い・・・ような・・・気がするのですが、どうでしょう(ちょっと気弱になる)。

本日 久しぶりに 雑貨店も兼ねているカフェSに取りおいてもらっているキーホルダーを買いがてらお昼も食べてこようと行ったところ。入店すると華やかな笑い声がする。お洒落で素敵な60代くらいの人が一人しかいない店員さんと あれやこれやと品物を楽し気にみている。 ああ これは長引きそうだな と 買い物はお昼を済ませてからにしようと 二階のカフェでサンドウィッチとコーヒーを頼んで落ち着くと、その妙齢の女性の ちょっと人を魅了するお話を軸に 接客する人の声が高らかに店内に響き続ける。

聞かなきゃいいのに 聞こえてくるものだから ついつい 耳を傾けてしまうと、そのお客さんの、素敵な、どこかでなにかの話が続く。 で、まだ若い、可愛らしい店員さんは、すっかりとその素敵そうな女性のお話にうっとりと ハイな様子で対応し続ける。 ひねくれたものの見方の2階席に座る人のことなど全く視野に入っていない無邪気さが、こういってはなんだが なんつーか・・・段々と勘に障ってくる。という始末。

で、このお客さん これだけ話し続けるからには どれだけのものを買うのだろうか? と 「じゃ・・・これ、いただくわ」の声を なぜか 2階の席の無関係の私が待ち構える。しかし、一向に その気配はない。

そこへ、勢いづいて入店されてきたお客さんがひとり その二人の声高らかな会話を中断させた。

そのお客さんは あるものを目掛けて入店されたな。と、二階にいる私の目からも一目瞭然で分かった。

しかし、そのお客さんの出で立ちは、そのお洒落なお店の雰囲気からは ちょっと外れるものがあって 会話に盛り上がっていた二人もそう察知したのだろうか、放っておこうという感じでまた二人の会話が始まろうとした瞬間、「ここにあった あのガラスのポット!もう一回り大きいのは売れちゃったんですか?!」という 地のままの声に 若い店員さんは何かを返答したのだ。が その言葉に お客さんの声だけが「えええ~~~ 次の入荷が11月う?あの時もう一度家に帰って確認してから来ますねと言っていたのに」と叫ぶ。 それに対し 店員さんは「週末にある方がお買い求めになってしまって」と、 その声音には ちょっと不服そうななにかが潜んでいるようにも感じたのは 私の行き過ぎた感じ方だったかもしれないが。

でも、そのお客さんは とにかく 買いたいものがはっきりとしていたので、そのオブジェクトに向かい すり合わせのやりとりが成されていき、店員さんと お客様の間にもとりあえずの、笑い声が・・・ 「ホッ・・・」と 私は一体 サンドウィッチを食べながら何をしているんだろうか・・・。と、あれ? そーいえば あのおばさん 静かだけどまだいるのかな? と 下を覗く。 と、まだいたが これ以上 いても相手にしてもらえないんだろうと 分かったのか 退散してゆく。 当然 買い物袋はない。

名夫人の1万円も、どこかのお姉ちゃんの1万円も 同じです。 とは、よく言ったもので、一万円は一万円 販売する人は その一万円に対して 頭を下げるのである。と、どこかでそう信じているゆえに、店員さんの時間をいいだけ奪う。ということがどうしても出来ない。見ているだけなら そう最初から言ってしまう。

素敵婦人は明日のお客様かもしれないが まず ものを買ってから 長話はしてください。と、個人的にはあの、お財布を握りしめて 家からつっかけ履いて、もの目掛けて猛進して入ってきた(印象の)お客さんの方が 自分の好みにあっているなぁと2階から拍手を送りたかった。

 

Mさんの健康

お隣に住むMさんは 御年96歳くらいになる女性です。

いまだに 朝の散歩をしたり、自分でお料理をして暮らしている。

Mさんのお料理は本当に美味しくて、ときどき作ったものを隣の私たち、時には離れた場所に住む母の分まで お母様にもとくださる。 美味しい揚げたての天ぷら、最高に美味な自家製のキュウリの粕漬を使ったお新香巻きや、お手製の揚げで包んだお稲荷さん。五目御飯や 梅干し そして 煮豆もまた、美味で 私はこの煮豆を朝のトーストにつけていただいている。

自分で摘んだ蕗やわらびは、お揚げさんで包んで昆布を紐にして結んで さっと、煮るといった手間のかけようで。

そんなお料理を 私たちは 今の家に引っ越してきてから 8年くらい 幸せなことに 楽しませてもらっています。

いまどき、あまり こういったお料理を出来る人はいなくって。

また、自分の育った家などは とにかく 大勢の人の食事を賄う。そういう感覚だったので、私などはMさんのお料理で初めて 家庭の味を知ることが出来たと思います。

Mさんと出会えたことと、また自分の年齢の程よい適齢期だったのか。とにかく 現在(いま)の台所では真面目にコツコツと料理をし続けているなぁと、料理の昨日、今日、明日が繋がってくると自ずと人間は健康に目が行く。ような、気がします。

で、健康! というと まず真っ先に念頭に浮かぶのはお隣のMさんでしょう。と、先日Mさんに健康の秘訣を伺っておかねばと 健康談議に。

ご本人はあまり贅沢なものは食べなかったからと謙遜しながらも おやつは自分で作った煮豆かドライフルーツくらいで 朝の生卵、チーズ、梅干しはかかさず摂取。で、添加物はあまり摂らずに、素の材料から普通の調味料(普通に売られている醤油やおかめ印のお酢など)で味付けをしてゆくそうです。

生卵はちょっと真似できないけれど、梅干しとチーズは欠かさず自分も真似したり。車に乗ってしまう体をどうにかなまくらにならずにするように。と、朝の15分から20分間は歩いたり。目指せMさん。とスローガン掲げなんとかかんとか生活しております。

でも、こうやって考えてみると、人との出会いって、ほんとーに貴重なんだなぁと思います。

Mさんに出会えて、美味しいもの知れて。美味しくはないかもしれないけれど、毎日作る食事から健康のことを考えられるようになって。

これがもしも隣人にアル中の人がいたら 私も競うように 水曜日の空き瓶の日に空にしたワインボトルを大量に出していたのかもしれないしなぁ。と、思ったり。

友達を選ぶように 隣人も選べたら 本当に幸いなのでしょうけれど。 なかなか そうはならないのが巷の様で。 そう思うと、Mさんに出会えた仕合せ。を じんわりと噛みしめている毎日です。

Mさん。生卵を食してでも、どうか もっともっと元気に長生きしてください。毎日願っております。